ひとりごと



飽食

2020年7月31日
飽食1

 

         今は以前と違い、犬を外で飼育する方が少数

         そんなペットだが、昨今は人間と同じように肥満になり病気にかかる。

         そもそも、犬は野生の動物で、人間が家畜化し、更に使役させた動物

         牧羊犬・猟犬などなど、用途に応じて人が作り変えた。

         そんな使役を目的とした動物も、今では愛玩の為に存在する

         愛玩が目的になると、飼い主はその犬の特性を無視して飼育する。

         そうなると、人間と同じで栄養過多で、肥満化してしまう。

         よく耳にするのが、こんな会話だ

         「お宅のワンちゃん、肥満気味ね」

         「そうなのよ、うちの子食べるから」

         この会話を聞いて、呆れてしまう。「うちの子食べるから」

         おい、お宅の犬は勝手に食料を取り出して食べるか?

         人間じゃあるまいし、そんな器用な事出来るの?

         もし、そんな事が可能なら、動画を撮影して動画サイトに上げれば、それだけで

         稼げるぞ(笑)

         要するに、飼い主の誤った飼育方法が問題。これが肥満の元

         ペットは自ら食べ物を得る事は叶わない。あくまでも飼い主から与えられるのみ

         それが、間違った飼育方法、間違った優しさ(愛情表現)で食べ物を与えすぎて   

         適正な体重を超える結果に・・・

         「泣き止まないから、食べ物を上げたら無き止んだ」

         最悪な躾でしょう。泣いてもわめいても一切無視で放置

         それを繰り返す事で、犬は学習し泣き止む。まぁ、一種の根競べ

         ここで、安易な方法で食べ物を与えては、駄目。

         愛くるしく可愛いのは、分かるが可愛いからこそ、正しい躾

         犬などは餌をくれる人には、愛想がいいのは当然。そうして生きながらえた

         動物なんだから当たり前。

         間違った飼育・躾は犬にも迷惑で不幸、飼い主は悦に居るだろうが・・・

         自己の満足が必ずしも、正しい行いとは限らないし、大半が

         「自己の満足、他者の不幸」となる。

           




34年

2020年7月30日
34年1

 

 

         イベントなども徐々にだが開催され、相撲も観客を入れての開催

         声援は無いが、やはり無観客での取り組みより、臨場感はある。

         そんな相撲、凄い力士が居た。

         年代的には、同世代だが、未だ現役力士。

         番付では、序二段で階級で言うならば、下から2番目。上からは4番目。

         お世辞にも上位とは言えないが、34年現役は、特筆すべき事。

         昭和・平成・令和と三つの時代で相撲をとった唯一無二の存在

         ただ、長く現役なだけでは無くて、意外な記録も持っている

         通算成績は、658勝743敗13休(2020年春場所終了時)。

         通算204場所は史上最多の記録。

         更に、現役力士の通算勝利数は5番目の記録、何でこれが凄いことかと言うと

         幕下以下は,一場所で7番しかない。年に6場所で年間42番の取り組み

         勝率を50%と考えても、年間の勝ち星は20勝前後。それで通算勝ち星が

         658勝は、どれだけ凄い事か・・・・

         しかも対戦する相手は、「親子」ほどの年齢差。これが如何に凄い事か

         一例で、あたしの友人が休日にサッカーをしているが、中学生相手で、何とか

         五分五分の試合。高校生と対戦すると,完全に負けるらしい。

         そんな実例を踏まえると、この華吹関が凄いかが理解できる。

         さらに驚いたのが、師匠の 立浪親方(元小結・旭豊)が弟弟子。

         まず、今後ありえない事だろう。師匠が弟弟子なんて関係は

         もうここまできたら「歴代最高齢」での記録を達成してもらいたい。

         記録では52歳が最高例記録だから、大きな怪我などしなければ、可能だろう

         今場所は、現時点で2勝4敗で負け越し決定(残念)

         ぜひ記録達成の折には、何らかの形で表彰してほしいものだ。

            




名前

2020年7月29日
名前1

 

          寒い時期になると、この会社の製品が活躍

          石油暖房機器では、パナソニックが撤退したので、石油暖房機器では

          有名な会社

          ただ、この感染症の名前と同じで風評被害をうけている。

          なんとも悲しい。偶然にも名前が同じと言うだけで、被害を被る。

          そんなこともあり先月には、全国紙にメッセ-ジ広告を掲載

          やるせない気持ちになってしまう・・・・・

          たまたま、感染症の形態が太陽の「コロナ」のように見えるから

          コロナと呼んだが正式には「SARS-Cov-2」と呼ぶのが正しい

          なかには食堂でコロナの屋号で営業していたお店が言われ無き

          誹謗中傷を受けたという話も耳にする。

          未知の感染症で皆が、恐れおののくのは分かるが、その不安の矛先を

          たまたま同じ名前と言うだけの理由で、攻撃の対象にしていいのか?

          誹謗をしても、本質(感染症根絶)はなんら解決しない

          ただ、誹謗した事により、まやかしの満足感、達成感が一瞬得られるだけの事

          確かに、未知のものは不安になる。それは当然だろう。

          でも、その不安を解消する、手段として誹謗中傷すのは、どうなのか。

          「日本人は連帯感がある」と言われ他者を思いやる。と言われるが

          裏に回れば「匿名で他者を貶める」そのような行為を行なう。

          不安だから、他者を貶める事で、自己に安心感を得る。

          真の解決策を行なわない、この事は、何ら打開もせず

          進展など望む事も出来ない。真実を見出し、それに沿った解決策で

          ことに望まない事には、真の解決は有り得ない。

          




本能

2020年7月22日
本能1

 

         少し間が空いてしまい「また、放置?」と心配されたかも。

         「忙しい」「時間が無い」そんなのは、「やる気の無い言い訳」

         さて、此方の方々。此方は「休む」などとは無縁で、毎日毎日

         花を求め花粉を採取し、巣に運び蜜を蓄える。この蓄えは本来は蜂が命の糧

         それを、「こずるい知恵」で人間は搾取してしまう。

         そんな蜜蜂だが、今季は念願の「日本蜜蜂」が巣箱に入り、連日働いております。

         ただ、外来(西洋蜜蜂)と違い、飼育が多少手間が掛かる。

         西洋蜜蜂のように特定の花粉を集める習性が、持ち合わせていない日本蜜蜂は

         複数の花粉を集める習性があり、採取した蜜密は、甘味が強くコクがある。

         これは、余程の「味覚オンチ」でない限り分かる。

         後は「貴重な蜜」と言う先入観から「旨い」と感じてしまう(笑)

         まだ、蜜を絞る時期では無いから、今は見守るだけ。

         秋になると「スズメ蜂」の攻撃やら。機嫌を損ねて家出などもあるから

         注視しないと・・・・・

          

          




証明の証明

2020年7月17日
証明の証明1

 

         一般の方には馴染みのあまりない官庁

         法務局。あたしのような生業だと、年に数回は行く事が有る官庁

         内部は、絵に描いたような「お役所」の様相

         さて、今回ここに赴いたのは、「印鑑証明」が必要なので足を運んだ

         法人の印鑑証明なので、ここまで赴かないと駄目。

         住民票などは、コンビ二などでも発行できるらしいが、法人となると

         そこまで、お手軽にはいかない。

         最近の感染症で「在宅勤務」が推奨され、一部大手企業は在宅で仕事を

         行う事が多い。

         ただ、書類に印を押す場面があり、そのためだけに出社を余儀なくされ

         見直しの意見を聞く。

         欧米でも、印を押す習慣があったが、15世紀頃には識字率も向上し

         19世紀には廃れた、署名に取って代わられた。

         さて、現代では「印」の存在意義だが、どうだろうか。

         欧米では、とうに印を用いる事はほぼ無い。

         とかく「国際基準」と声高らかに叫ぶが、この事に関してはあまり掛け声を聞かない

         必要性を感じない事には「国際基準」と言うのになぁ。

         今回の感染症を契機に、この印を押す習慣も見直しても良いのではなかろうか。 

         




下駄を預ける

2020年7月16日
下駄を預ける1

 

         例年事とは言えども、この時期の雨で、各所で被害が発生してる

         今回は、感染症の事もあり、避難所に対応対策で大変だろう。

         最近の災害は、依然と比べ被害が甚大と耳にするが、本当にそうなのか?

         昔々の豪雨災害は、今よりも規模が凄かったはずだ。

         土木重機など無い、人力のみの土木工事では、今のような治水工事は不可能

         だから、人はそのような危険な場所には、住まず水から遠ざかり、山の斜面から

         離れ、少しでも安全な場所に住んだ。

         それが、現代では先人が住まないような場所にまで宅地造成をし生活圏としてる

         この事が、災害の規模を大ききしてる要因でもあるはずだ。

         河川治水工事には限界があるのだから、人が住む場所の選定を今一度見直す

         この案も一理あるのではなかろうか。

         さて、最近の災害の避難に関する情報だけど、「この警戒情報が出たら避難」

         そんなのん気でいいのか?情報発表してるのは、現地から離れた場所で

         実際に住んでる地区の人が自分で判断し「避難する、しない」を判断する

         また避難も「何処が安全か」も考えて行動。

         身を守る行動までも、人任せ。要するに「人に下駄を預ける」こんな事態。

         「さぁ、避難しましょう」のお知らせが無いと身動きしない

         挙句には「避難の連絡が無かったから、留まった。お陰で被害を受けた

                この責任は、誰がとる」そんな事を言う人物も居るとか居ないとか・・・

         万事がこの調子。何か催しがあり怪我・事故が起こると責任者が謝罪。

         おいおい、それ違うんじゃないの?

         その催し会場に行ったのは、あくまでも自発的行動で、他者が無理やり

         会場に連れて行ったなら、その理屈も通用すが、自らの行動で催しに参加し

         そこでの出来事は、自らが責任を負うべきこと。

         例えば「花火大会」今では、非常に事故が少ないが、以前は危ない催し物で

         誤爆などで事故があった。

         そんな教訓を糧とし、花火師、主催者は危険を排除し今に至るわけだが

         「危険」を完全にゼロには出来ない。

         その「危険」を承知の上で、観覧するが観覧する側の心得。

         何か事が起こると「一言物申す」この風潮は,何なんだろう

         こんな風潮が、どんどん進むと、催しなどは開催できなくなる。

         世の中なんて、「危険と隣り合わせが常」この意識が希薄に成り

         危険な事、嫌な事が他人事になってる気がする。

         他人に下駄を預ける。と言うことは、相手に一任する事だから

         何事が発生しても、文句は無しと言うことだ。

         それが嫌ならば、自己で事故を防ぐ。本来この事が当然なのだが

         どうも、我々は他国の人に比べると、この感覚が希薄な気がする。

         社会全体を覆う、この風潮。いった何でだろう?

         耳にする情報も、「事故を起こした側」を大上段で糾弾するばかり。

         その意見に付和雷同する庶民。糾弾する側は、庶民の代弁者気取り。

         庶民は深い考えも無く、糾弾する側に拍手喝采。

         そのくせ、糾弾する側も自分に不都合が有ると、沈黙を貫く。

         要するに、煽り立てるだけ煽るだけで、責任など知らぬ存ぜぬ。

         もう少し、自己で思考し判断を下す。こんな当たり前の事が出来ないようじゃ

         仕方ないでしょう。        




有効活用

2020年7月8日
有効活用1

 

         また、また、こんな物製作しちゃいました。

         「アンティ-クウッドのステップラダ-」

         ネタばれしちゃうと、材料は建材等などを輸送するときに使用する「パレット」

         パレットには「要返却」とデカデカと書かれてるが、向こうから引き取りに来ることは無い

         此方から連絡しても「そのうちに行きます」

         数回連絡しても、一向に引き上げる気配なし

         要するに、経済で考えると、引き上げるのと、新しいパレットを入れるのでは

         新しいパレットの方が価格的に安上がりらしい。

         もし、これが高額ならば、絶対に引き上げに来るはず

         それが、引取りに来ないという事は・・・・

         新品のほうが安上がりとは、何ともなぁ

         普通なら「産業廃棄物」の扱いでお金をかけて処分だが、我が家では

         貴重な燃料として活用。

         でも、ただ燃やすのも、材木様には申し訳ない。

         なにか、有効な活用は無いかと模索してると、最近は「アンティ-クウッド」なる

         古ぼけた材の需要があり、なかなかの値段がする。そんな噂を耳して、調べると

         わざわざ、新品の木材を「エイジング加工」する方法を指南する情報が存在する

         これには、驚いた。あたしの感覚では少し理解できない。

         あれぇ、てことは、このパレット。エイジングなど行わなくても過酷に使用され

         傷でボロボロ、直射日光、風雨に晒されて「真のアンティ-クウッド」じないの!

         しかも、人気の外材(米松)

         おぉ~それでは製作製作。で出来上がったの此方の品

         さっそく、この手の品を扱うお店に持っていくと、評価は上々

         一工夫で「産業廃棄物」が「商品」に大変身した瞬間でした

         果たして、一般消費者の評判は如何に?   




奇妙な果実

2020年7月3日
奇妙な果実1

 

         

        南部の木は、奇妙な実を付ける
        葉は血を流れ、根には血が滴る
        黒い体は南部の風に揺れる
        奇妙な果実がポプラの木々に垂れている

        勇敢な南部(the gallant south)ののどかな風景、
        膨らんだ眼と歪んだ口、
        マグノリア(モクレン)の香りは甘くて新鮮
        すると、突然に肉の焼ける臭い

        カラスに啄ばまれる果実がここにある
        雨に曝され、風に煽られ
        日差しに腐り、木々に落ちる
        奇妙で惨めな作物がここにある。

 

        奇妙な果実の和訳。果実は比喩で、ここでの果実は黒人が吊るされた状態

        この曲が世に出たのが1939年。人種差別が当たり前のように横行していた時代

        アメリカ南部はすさまじく、私死刑なども当り間に行われた時代の様を歌詞にした曲

        それから約80年。人間は賢くなり成長したか?

        未だ、有色人種を差別する人種が存在する。

        己と違う者に,異常な嫌悪感を抱き、排除する。未だ解決しない

        他の動物に目を向けるとどうだろうか?犬猫の畜生の類が、色が違う。そんな理由で

        攻撃をするか?色の違いでは攻撃しないだろう。畜生が争うのは、己の生存が

        脅かされる場面で、最終手段に近い状態だろう。

        争いごとが、如何に愚かであるかは、畜生は理解してるから,無駄な争い行わない。

        そう考えると、賢いはずの人類は、無駄な思考を巡らし、本来なら嫌悪感を

        伴わない事にも、嫌悪を抱く。

        本当に、人間は進歩してるか?

        考えようによっては、人間は畜生よりも劣等な生き物なのかもしれない。

           

 

      




副産物

2020年7月2日
副産物1

 

         今月から、小売店のプラッチック系の袋が義務で有料化

         大義名分は「プラ系のゴミ削減化」と掲げてるが、とある試算では

         プラ系ゴミの総数に対して、袋が占める割合は、数パ-セントと言う試算もある。

         この試算なるものもが、非常に怪しい。

         まぁ、一概にこの数値が正しいとは思えない。

         この、買い物で貰えたレジ袋。原材料を調べると「ナフサ」にたどり着く

         

         原油を精製し、まずは「ガソリン燃料」を取り出す。あたしが聞いた範疇だが

         「ガソリン最優先」で精製し、その残りで「灯油」次が「軽油」「重油」となるらしい

         あくまでも、「ガソリンの量」ありきで精製する。だから「灯油」の需要が

         想定を上回る消費量になり、足りなくなる。そんな時には、ガソリン余りの

         状態になり、ガソリンの値段が下がる傾向にある。

         そんなカラクリが化石燃料にはあるらしい。更には石油を「投機」の対象にし

         投資家の儲けの道具になってる側面もある。

         さて、レジ袋だが、ナフサが原材料。ガソリンを精製したときの副産物で

         燃料にならない物・・・・

         要するに「厄介者」の扱い。それを材料にレジ袋などに転用

         非常に有効的な活用方法じゃん!と思うが、ところがどっこい。

         この製品が、自然界では分解されず、いつまでもその形を留める

         それが、問題になり、今回の「レジ袋有料」になったのだろう

         でも、これだって本当の問題解決には程遠い。単に「取り組む姿勢」を

         見せ付けただけに過ぎない。

         本気で解決するならば「一切禁止」ぐらいの勢いでやるべき。

         そこまですると、副産物である「ナフサ」で儲けていた方々に角が立つ

         更には、石油業界にも影響が出るだろう。

         ガソリンを使い動く物。内燃機を動力とする「自動車業界」だって黙って無いぞ

         我が国の基幹産業である「自動車」この業界に不都合な事は、行っては駄目

         世には余り出ないが、Tの自動車会社。隠蔽されてる事が有るとか、無いとか

         

         まぁ、この化石燃料由来の問題は、そうそう簡単には解決できない根深い問題

         地球が45億年かけて作った化石燃料。ただ「燃やして」終わりではねぇ・・・・

         一体、いつまで化石燃料依存の社会構造が続くのか。        




民度

2020年7月1日
民度1

 

         中国地方の某県、選出のこの二名の「先生」

         先生で有りながら、週刊誌が公職選挙法違反を報じて、段々事が大きくなり

         ついには、東京地検に逮捕される事態

         一般人で、「逮捕」となれば、計り知れない社会的制裁を受ける。

         それが、この夫婦。厚顔無恥と言うのか、平然とその役職を辞する気配はし

         役職、と言うよりも「身分」であり、この特権階級の身分は、手放したくないのか?

         まぁ、こんな事件が出ると、その経歴が赤裸々に掘り起こされ、広く知られる時代

         経歴を見ると(真相は、定かでは無いが・・・)どちらも、幼少期、どちらかといえば

         富の対して引け目を感じてしまう、生活水準と推測できる。

         その事が、根底にあり「富」に足して執着心を抱かせ、このようになったのか?

         二人とも、頭脳は明晰らしく、都内某K応大卒となってる。

         どの程度の学力なのか、悲しいかな、あたしには分からない

         記憶を辿り、我が友人・知人で、この大学に入学した人物が居ただろうか?

         当然ながら、皆無(大笑)

         そんな頭脳を持ち、その頭脳を「世の為、人の為」に活用すれば、違った評価を

         されたのに、「我が身の為」に使って、この有様~

         そこで、吹き出したのが、地方自治をあずかる方々への、お金の流れ。

         これまた、地方自治の先生方も、この期に及び「告発」してるが、それもどうなのか?

         思うに、ゴリ押しに近い状態で、金を渡したのだろう。

         この人物、相当にヒネクレ者で、付いたあだ名が「スネオ」

         いやみは言うし、立場を利用しての、高圧的な立ち振る舞い。

         それが、何の弾みか「先生」と言う身分になり、勘違い~

         地方自治の長に、票の取りまとめを依頼するのに「実弾(現金)」を撃った。

         思惑としては、その実弾で、有権者の票を獲得しようとした。それがバレテ

         地方自治の先生方も、慌てて謝罪する始末。

         中には、「頭を丸めて」の記者会見。「お前のお詫びは、その程度かよ」と

         突っ込みたくなる(笑)

         あの一連の会見を見てると「赤信号皆で渡れば、怖くない」

         最初に,口火を切り、世間が靡いたら「私も・・・」「私も・・・」と連鎖反応のような

         事態になった。

         たぶん当事者達は「誰か言わないかなぁ」そんな探りあい、牽制し合いの

         状況だったのだろう。

         さて、その地方自治の先生方。その実弾はどうしたのか?

         「清き一票」の権利を持つ有権者に回ったのか。

         毎回、この手の問題が出ると思うのだが「貰うだけ、貰い、票を入れない」

         そうすれば良いにと思う。

         まぁ、貰う事も違法だけどね。貰った側が律儀に投票するから、この問題は

         解決しない。

         貰うだけ貰い、その陣営に票を入れない。すると、どうなるか?

         実弾(金)を撃っても、上がれない。そうなれば、ばかばかしくなり

         そんな行為は止めるだろう。

         ようするに、有権者がもっと狡賢くなればいい事。

         大分以前に、見聞きした話で,真実かは定かでは無いが、イギリスの選挙も

         大昔は、金品が乱れ飛ぶ状態だったが、賢い民が「貰うだけで、投票しない」

         そんな事を行ったら、ばら撒くほうが、呆れてしまい止めた。

         まぁ、真相は分からんが、この方法は結構効果的だと思う。

         要するに、その自治区の有権者の民度。民度が問題なのだ。

         まぁ、今回の一件で、あの二人を選出した自治区の有権者の方々は

         肩身の狭い思いをしてるだろうなぁ。心中、お察し申し上げます。  

           



続きを読む...


牛久市 リフォーム 鈴木工務店
〒 300-1221牛久町50-8
TEL 029-872-6880 FAX 029-872-6150 E-mail suzuki@e-ushiku.jp