ひとりごと



試し

2017年2月28日
試し1



               先日入手した、鉋。裏スキの作業が無事に終わり


               次の工程が、「研ぎ」


               残念ながら、研ぎの画像は撮り忘れ(苦笑)

    
               実は、お見せできない「秘伝の研ぎ」なので・・・


               と言うのは、全くの嘘。なんの秘密・秘伝などは無く


               むしろ「そんな研ぎで良いの?」と叱責を受けかねない(笑)


               まぁ、何とか研ぎ上げて、研ぎの仕上がり具合を確認


               トイレットぺ-パ-を切る。抵抗が無く切れれば、まず合格。


               「縦には切れるよ~」そんなご意見が聞こえそう・・・


               では、次なる方法では・・・・・ 


続きを読む...

調和

2017年2月27日
調和1



               この風景の場所は、真壁


               ご近所にも、こんな日本的な風景が有ったとは・・・


               右の建物は、築年数が、100年近く経ったお宅


               左のお宅は、数年前に新築したお宅


               新築でも、町並みの景観を損なわないような造り


               調和の取れた町並みの景観は、魅力を感じる。


               ところが・・・・



               


続きを読む...

理屈

2017年2月23日
理屈1


              またしても入手~しかも格安でね


              造りは、真面目な造りで、きちんとした鉋と断定


              まぁ、研いで見ない事には良し悪しは判断できない。


              そんな研ぎの前に、行なわないと駄目なのが、この作業。


              数々の中古の鉋を見てきたが、殆んど(99.99%)が


              鉋の裏透きが正しく出来ていない。


              「鉋は裏で切る」そんな言い回しが有るくらいに、鉋の裏透きは


              最重要!!


              正しい「裏出し」を行い「裏押し」を行ってないので、秘密基地で


              秘密の道具を使い修理~


              ある、有名な大工に「こんな方法で直してます」と話をしたら


              「私は、グラインダ-で行う」と聞いたので、試しに行ったが


              出来なかったなぁ(苦笑)


              数々の中古鉋を見てきたが、理屈が分かって修理した形跡が


              有ったのは、今までに一個だけ。ただしその修理も、完全とは


              言えずに、手直ししたなぁ。


              さぁ、研ぎの前段階は、完了~


              次は、研ぎの工程に移行なのね。



   



続き

2017年2月17日
続き1


              さて、さて、前回の続きね。

        
              ベニヤ板を3枚程広げて、行ったのは「原寸図」の作成


              原寸図とは、その名の通りで、作る物を原寸に起した図面


              この原寸図を図りながら、部材の加工を行う作業ね


              社寺建築などの大きく複雑な建築物は、今でも原寸図を


              起して、部材の加工を行ってる。更には縮小した、模型を

 
              造り、部材の納まりを確認するらしい。


              さて、話しが逸れたが、あたしが作業を進めてるのは


              そんな、大それた作業とは程遠い(笑)


              だんだん、全貌が明らかになってきましたが、


              何が出来上がるか?


              いよいよ次回は、ついに全貌が明らかに・・・
   



作成

2017年2月15日
作成1



              取り出したのは、構造用合板


              一般的には「ベニヤ板」と言ったほうが、通りがいいかな。


              この板を3枚ほど用意して、並べる。


              広さで言うならば、2、730×1,820

             
              畳ならば3枚分を広げ、準備完了~


              さて、さて。この後、どんな事になるにか・・・・


              乞うご期待!

  




お出かけ~

2017年2月13日
お出かけ~1


               土曜日に、この後姿の先輩(M橋さん)から連絡があり


               この季節のも関わらず、元気にツ-リング
     

               行き先は「千葉県勝浦市」


               やはり、千葉県は茨城県よりも暖か~


               更に、暖かになるような物を・・・・・・   


続きを読む...

豆撒き

2017年2月3日
豆撒き1


              毎年恒例になった、上町の「豆撒き」


              今年も、ご苦労様でした~

           
              例年、豆のおすそ分け、有難う御座います


              豆撒きと言えば、付きものが「鬼」の存在


              この鬼だけど、元来は「陰(おぬ)」が語源で「姿無き者」


              一般的には「悪者」「恐ろしき者」が定番だが、地方によっては


              鬼が村を守り、神として崇められたりと、「悪」でもあり「善」でも


              ある。


              ここが、日本の信仰の懐の深いところなのかなぁ


              諸外国では「悪」は悪でしかなく、善にはならない。


              まぁ、よく言うけど、日本人独特の「曖昧さ」が作用してるのかも


              しかし、あの屈強な鬼が、単なる「豆」を投げつけられて


              退散すると言うのも、なぜなのか(笑)


              あんな金棒を持った大男なのに・・・


              なりは、大男でも意外と気が小さい?


              最近、話題の郷里身出の力士も、密かな噂では


              気が小さかったとか・・・・


              真意の程は、どうなのか?



           



不要

2017年2月2日
不要1



                      高速道路の某サ-ビスエリアのトイレ


                      くれぐれも誤解無きように、この画像は男子トイレだからね


                      今では、公共のおトイレでも、ウォシュレットが装備されつつある。


                      輸出大国の我が国で、唯一海外に売り出せる建材は


                      衛生機器のウォシュレッオだけ、と言っても過言でない(苦笑)


                      まぁ、この事は、また後日に詳しくお話しします~


                      話を戻して、男子トイレなのに、右のボタンは使う事は無い


                      でも、装備してる。


                      思うに、男子も女子も品物は同じなのか?


                      男子トイレ用スイッチ。品番〇〇〇


                      女子トイレ用スイッチ。品番△△△


                      そんな具合に、二種類は無いのだろう。そう推測する


                      「部品が減れば、コスト減」


                      そう思うかもしれないが、二種類を作るとなると


                      生産ラインを二つになる。そうなると部品点数を減らすより


                      割高になるのかも・・・・


                      果たして真意は如何に?


                       
                      




牛久市 リフォーム 鈴木工務店
〒 300-1221牛久町50-8
TEL 029-872-6880 FAX 029-872-6150 E-mail suzuki@e-ushiku.jp