ひとりごと



販売戦略

2016年11月28日
販売戦略1





        よくよく見ると・・・・・・


        今までのカップのデザインと違う~


        キラキラお星様のデザインなのね


        もう既に「聖誕祭」仕様のデザインなのね


        もはや、真の意味の聖誕祭などは、微塵も無く、すっかりイベントに成り下がり


        商品を売る側は、どんな手を駆使しても、売上倍増の為には、形振り構わず


        他国の行事を借りて、煽りる。更に悪い事にその煽りに易々とのせらる~


        こんな事を言うと「楽しければ良いじゃない~」


        楽しい事は大い結構だが、本来に意味すら知らず狂騒する様


        要するに主体性が無く、単純に流されてるだけ。


        物事、なんでも本質を見極め無い駄目なのね           
           




特別公開

2016年11月27日
特別公開1




         
                 去年は、行けなかったが今年は行っちゃいまして~


             しかも、憧れの「特別公開」


             一般公開では、何度も観覧したが、「何時かは特別公開で観覧」


             念願かないました♪


             ただ、基地に入るまでは、一般と同じで大渋滞


             一般公開に比べると、人も少なく非常に観覧しやすかった


             やはり、航空祭と言えば「ブル-インパルス」これが無いとね


             関係者に詳しく聞くと、ブル-インパルスのパイロット


             ただでさえ、パイロットになるのは大変なのに、そのパイロットの


             中から、選りすぐりブル-インパルスのパイロットになる。


             驚いた事に、このようなイベントフライトを行っても


             「お手当て」は無く、給与は一般のパイロットと同額。


             更に、同じパイロットならば民間の方が給与は高いらしい。


             「お金だけ求めれば、民間ですが、人の役に立ちたい
              そんな使命感で取り組んでる人が大半です」


             何とも、感銘を受ける台詞じゃないの。


             単なる「お金稼ぎ」と仕事に取り組むのでなく「使命感」


             確かに、自衛隊と言えば嫌悪感を抱く人も居るが、一大事が


             発生すれば、この組織に頼る事になる。


             先の震災でも、素早い行動も、普段の厳しい訓練のお陰


             賛否両論は有るが、やはり必要な組織だと、あたしは思う・・・


  



54年

2016年11月24日
54年1



          さすが、日本の気象衛星


          今日の雪降りも、ぴたりと当てた。


          当たった結果が、この風景~


          11月の降雪は、54年振りだとか・・・・


          「記録的な寒さ」そんな台詞を耳にしたが「54年」と言う時の長さ


          この時間の感覚は、あくまでも「人間主体」の時間の長さ。


          宇宙の成り立ちの「ビック・バン」が138億年前


          地球誕生が46億年前


          40億年前に「原始生命」が誕生


          嫌われ者の「ゴキブリ」が3億年前に出現


          時系列を掻い摘んで並べれも、こんな気の遠くなる年月


          その間にも「氷河期」が訪れたりしていたらしい。


          この時間の長さを考えると「54年」など、比べる事もおこがましい


          現代人(ホモ・サピエンス)が10万年前。之だって、まだ「54年」と


          比べるのには、役者が違う(笑)


          その後も「天変地異」は何度と無く起こったはず。


          そのように深く考察すれば、昨今の気温上昇等の現象などは


          取るに足りない?


          要するに、「現代文明生活」を謳歌してる現代人のまこと勝手な


          都合に不適合するから「異常気象」と言うのでは無かろうか?


          全宇宙・地球の側からすれば、取るに足りない微細な生物が


          何を言ってる?と一蹴されるだけ(笑)

 
          大きな視野で、見ると「人類」等は、そんな存在なのかもね。
     



貯え

2016年11月19日
貯え1




           先日、入荷した我が家の貴重な燃料。玉切り完了~


           毎度毎度の事だが、これを撒き割り機で、細かく割る


           更に、乾燥(2年乾燥)それで、やっとこ燃料になる。


           はっきり言って「手間が掛かる!!」


           でも、手間をかけても、あの「暖かさ」を体感すると


           そんな手間も、苦労には感じない(笑)


           ボチボチと巻き割り行う予定です。
    



利便性

2016年11月9日
利便性1






                今の時代、よっぽどの僻地で無い限り、存在する店舗


                生活必需品になりつつある「携帯電話」


                固定電話は、商売・会社等は、まだ必要だが


                一般家庭だと、固定電話の必要性は薄れてる


                「何処でも」「いつでも」携帯電話の利便性は、ありがたい


                ただし、この「何処でも」「いつでも」が仇と言うか、問題に


                なる事がある。


                かける側は、用事があるから電話をかけるが、相手が


                出ない。


                そうなると「何で出ないんだ!!こっちは用事があるのに」


                怒り心頭~


                出ない側も「出られる状況出無い」「単に気がつかない」


                「出たい相手じゃない」(笑)など等理由はあるだろう。


                電話をかける側も「今、絶対の話をしないと駄目」


                そんな場面もあるだろうが、時間をおいて掛けなおせば


                事が足りる場合の方が、多い気がする。


                なのに、かけたほうは「何で出ない」「何してた」と大騒ぎ


                そこで、相手を慮る。これが大事になる。


                「出られない状況なんだ」


                「気がつかないのか」


                そのように思えば、怒り心頭にならずともすむはず。


                使う人の生活が便利で豊になるべき携帯電話


                なのに使用るす人の、使い方では、煩わしい道具にも


                なりうる。


                要するに、携帯電話が「悪」なのでは無くて


                使う人物が「悪」なのではなかろうか。
                 
                
  


                
              
                




入荷

2016年11月7日
入荷1





                        季節は、移ろい、暑かった季節は、過去・・・


                        木々の葉も色づいて、晩秋に


                        そうなると、いよいよ「こいつ」の出番!!


                        そう、我が家の貴重な燃料


                        今季初入荷~直径1m30はゆうに超える


                        こんな大きいのは、初めてかも?


                        ボチボチと玉切りしています~ 




快晴

2016年11月6日
快晴1





                       たぶん、小学校の頃に図書館で読んだ本かな。


                        「日本でも恐竜の化石が発見された」


                        純真無垢な、頃のあたしは、この話にワクワク


                        そんな事を思い出し、行っちゃいました


                        いわき市石炭・化石館


                        展示してる、骨格化石は、レプリカと聞いて


                        正直、あまり期待していなかったけど


                        大きさに、驚いた。こんな大きな生物が


                        約8500万年前に、地球上に存在していたのか・・・


                        まぁ、人類など、恐竜が存在していた年月に比べたら


                        まだまだ、短い年月だからね。


                        太古のロマンを感じてしまう・・・・



 
                        


続きを読む...

体験

2016年11月5日
体験1




          久々の更新~


          先日、11月3日文化の日。牛久市の文化祭。


          心配していた天気も、回復しまさにイベント日和。去年、行ったら


          そこそこ評判だった、鉋の実演。


          今年も、味をしめて実施しました。


          更新が、滞ったのは、このイベント準備に時間を取られたから(笑)


          前年の反省を踏まえ、今回は、改善してイベント参加~


          一番の反省点は、去年は商売のアピ-ルが殆んど出来なかった(泣)


          今年は、看板にパンフレットを置き、改善~


          想定外だったのが「一般の方の実演」これが想定外の出来事


          前年は、あたしの所有してる「エ-ス級」の愛蔵品の鉋のみを


          持ち込んだので、一般の方に使ってもらったが・・・・・


          注意を促して、使ってもらったが、冷や冷やしながらの実演だった。


          そんな反省を踏まえ、今回は「二軍級」の鉋にも登板してもらった。


          それでも、手入れ(研ぎ・台の調整)はエ-ス級と同レベルの調整を


          行ったのね。


          やはり、今年も大人よりも、子供の方が食いつきが良い。


          しかも、理解が早く、上手い


          特に、この女子は、凄かった。切れなくなると、自分で刃の出し入れを


          調整して、削りを行なってた。


          調整した鉋を見ると、なかなか上手い調整だったのは、驚き~


          まさに、スポンジが液体を吸い込むが如くの、吸収力には脱帽・・・・


          本当に、この道に進むならば、スカウトしたいくらい(笑)


          ただ、残念な事に、鉋を多用する建築様式は、駆逐され


          現状は、お寒い限り~。


          でも、こんな機会に知らしめて、今一度日本伝統の建築様式の


          復活の要因になれば、そのように願いつつ、今回も行いました。


          来年も、今年の反省点・改善点を踏まえて、行う予定です。


          乞うご期待!!

         




牛久市 リフォーム 鈴木工務店
〒 300-1221牛久町50-8
TEL 029-872-6880 FAX 029-872-6150 E-mail suzuki@e-ushiku.jp