ひとりごと



63年ぶり

2015年10月28日
63年ぶり1
              いま、俄かに賑わってるらしい・・・               63年ぶりで、天守閣が国宝されたのは5軒目               松江城。               あたしが訪れた5,6年前は、連休中でも               さほど人は多くなく、ゆっくり見学できたなぁ               その時、「松江城を国宝に!」そんな幟が               いたるところに掲げてあった。               今では、後世に残すべく保存がきちんと               なされてるが、明治時代には民間払い下げで               取り壊しの憂き目に・・・               地元有志の尽力で、取り壊しは免れた               その後の危機は、先の大戦               幸いにも、松江は空襲の被害は受けなかったが               名古屋城・岡山城・和歌山城・大垣城・水戸城               広島城・福山城の7もの貴重な城が灰と化す。               本来、戦争は「民間人・民家は攻撃の対象外」               ハ-グ陸戦法規で国際的も、禁止事項の一つ               なのに、70年前には、無差別攻撃               今でも、シリアでは、同じような事を               繰り返してる。               絡んでいるのは、70年前と同じ国               そう、国旗に星を50個ある旗の国ね               あの国は、何処にもしゃしゃり出て               何だかんだ、言いがかりをつけては               争いを起こす。               そうなると、何時も被害を被るのは、一般市民               あの国さえ出しゃばらなければ、争いなど               起きないのに、そう思えてしまう。               一体、何時になったら争いの無い世界が               訪れるのか・・・・               でも、争い事が無くなると、非常に困る勢力が               存在する限り、争い事は、無くならないだろう。               悲しいけど、これが現実なのか。                    


修理

2015年10月27日
修理1
                 ライディングの必需品のグロ-ブ                  今年の春の下ろして、数ヶ月・・・                  夏の暑い時期は、別の薄手のグロ-ブを                  使用していたので、実質の使用回数は                  十数回・・・・                  なのに破れてしまった~                  先日、イベントで、このメ-カーが                  ブ-スを出していたので、「駄目もと」で                  相談すると、「この使用期間で、破れは                  こちらの責任なので無償修理をします」                  「えっ?有償じゃないの?」                  「この程度の使用期間で、破れるのは                   こちらの責任ですから」                  なんとも、心意気のある対応                  こちらは「有償」でも仕方ないと                  思っていたら、「売った製品には責任が                  有るので・・・」                  その修理が終わり、届けられた                  使うには、殆んど支障が無い                  無料で直った事よりも、このメ-カーの                  姿勢に、嬉しくなった。                  「造った製品には責任を持つ」                  なんとも、良い言葉だろう                  製品に対して「自信」が無ければ                  容易く口に出来ない。                  たかだか、数千円の品物でも、丁寧な                  対応。今後はレザ-関連の品物は                  このメ-カーしか使わない!!                  今回は有難う御座いました。クシタニさん                                                    


後の月

2015年10月25日
後の月1
              本日、十三夜               十五夜は、盛大に?お祝いするが、十三夜は               ひっそりの様相・・・               世界的に見ても、「月」を愛でるのは、アジアの               人々は、当たり前のように祝うが、諸外国、               特にヨ-ロッパ圏では「月=不吉」の象徴               ラテン語の月をルーナ(Luna)と表記が               lunaticは「狂気の」という意味だし               フランスのジンクスでは、振り返って月を肩越し               しに見ると精神錯乱を起こすというらしい               狼男が変身するのも。満月だしね(苦笑)               そんな忌み嫌う、月を愛でる心持               なぜだろうか。やはり日本が農耕民族で               農作物の収穫が大きく関わってるのでは               無かろうか。               今夜も雲の無い天気。綺麗な月が見える夜空。


地域

2015年10月20日
地域1
                 某Yと言う頭文字のオ-クションで                  購入した荷物の梱包材                  極々一般的な梱包方法である新聞紙を                  用いての梱包。                  あたしは、「プチプチ」の梱包よりも                  新聞紙での梱包の方が、嬉しい。                  大手新聞でも地方版だと、嬉しいのね                  さらに言うと地方新聞だとなお嬉しい~                  他の地域の情報など、当地では                  お目に掛かることは、皆無                  読んでると、肝心の品物の確認を                  そっちのけで、読んでしまう(笑)                  地方紙よりも、もっと食いつくのは                  地方の折込チラシ。これは最上級かな                  地域の広告は、非常に面白い                  特に、住宅関連は興味津々なのね                  20年前では、想像すら出来ないかった                  仕組み。今では、欲しい物が瞬時に                  画面に映し出されて、クリックすれば                  お手元もに・・・                  何とも、便利な世の中なのね。  


駆除

2015年10月19日
駆除1
                 こんな依頼も承り~                  昨今、ニュースでも話題の・・・・                      スズメバチ                  史上最強の昆虫かも?                  このような駆除依頼も対応します。                  承らないのは「お金貸して」とか                  「お縄に掛かる」事等は、勘弁ね(苦笑)                  この時期は、スズメバチも冬に備えて                  食欲旺盛な時期で、非常に凶暴                  まぁ、人間だって腹が減れば凶暴に                  なるからね。                  人間には理性があるから、多少は我慢を                  する事が出来るが、本能のみで生命を                  維持する昆虫などには、人間の常識的な                  理性などは、通用する訳も無く、                  刃向かう奴(人間)等は、単に攻撃対象                  人間は、知恵で身を守るが、この昆虫は                  毒を用いて身を守る。                  そうする事により、種族を絶やす事無く                  命を繋いできた。                  人に「知恵」が備わっていなかったら                  たぶん種族は、絶えていた事だろう。  


実害

2015年10月17日
実害1
              遡れば、この浮世絵に描かれてる時代には               創業していた               只今、問題になってる大型マンション問題               デ-タ-は偽装の疑いあり。施工は手抜き               そもそも、この会社は、東日本大震災の浦安市の               対応も悪い印象だったなぁ・・・               規模が大きいだけに、手抜きも大きい(苦笑)               思い起こせば、偽装デ-タ-問題は、               某A歯問題。散々、A歯氏を吊し上げにして               根掘り葉掘りに、事件と関係の無い事まで               報道・・・・               挙句の果てに、奥さんは、自ら命を絶つ               あれだけ、騒ぎ「大地震で倒壊!!」               それが、東日本大震災で、A歯氏が関わった               建物が倒壊した?               なのに釈明など行なわない・・・               煽るだけ煽り、その後は知らん振り               本当に、マスコミの節操の無さには閉口する。                  


過負荷 

2015年10月13日
過負荷 1
                 日に日に寒くなる今日この頃・・・                  寒い季節に向けて、いよいよ準備開始~                  薪割の季節なのよね                  本格始動の前にテスト・テスト                  エンジンも、問題なく始動♪                  「おぉ、今年も絶好調!!」                  テストで、玉切りを「バキバキ」割る                  更に割る。割る。割る・・・・                  すると、シリンダ-が戻らない!!!                  エンジンは快調に動いてるのに                  どうした?何てことだ!                  「油圧系の故障?」だとしたら、大変だ                  油圧に詳しい知人に相談すると、                  油圧ポンプユニットの修理で、Oリングを                  交換すれば修理完了。                  詳しく使用状況を教えると、使用期間が                  あまりにも短期間(3年)で、ユニットの                  故障は、考え難い。そんな指摘を受けた                  最初に見るべき箇所は、エンジンからの                  動力をポンプに駆動する箇所の点検を                  行う事。                  早速、見てみると、何と何と・・・                    Vベルトが切れてる                  これでは、シリンダ-は動かない(笑)                  Vベルトは規格品なので、お手軽便利な                  ホームセンタ-にて、購入。                  千切れたベルト。よくよく見ると生産国が                  メキシコ。ベルト業界ではメキシコ産は                  有名なの?                                  今度のベルトは、信頼の日本製                  何だかんだ言っても、日本製が信頼できる                  故障箇所を発見できれば、修理は簡単ね。                  新しいベルトに交換して、始動すると                  シリンダ-も無事に戻る~                  しかし、なぜ千切れてのか?                  過負荷で無理をした?                  そんな事をした覚えは、無いのよね                  まぁ、本格始動の前に、修理完了で                  良かった~


からくり

2015年10月9日
からくり1
                 週末のお決まりの折込                  大量の折込。見るのもウンザリ~                  そんな意見も耳にする                  凄い人は「週末は折込入れるな!」と                  販売店に、言う人も居るとか・・・                  たまたま目にしたのが、                  某住宅展示場のイベント告知折込                  大手住宅メ-カー様が多数掲載                  特撮戦隊のライブ(子供向けね)                  お菓子のプレゼント・抽選会有りで                  まさに、お祭り気分~(苦笑)                  これだけのイベントを開催するんだから                  結構、金銭が掛かるはず。                  その費用は、何処から捻出するの?                  それは、会社の経費から捻出                  弊社も、経費は会社を運営する上で                  必要                  ただ、その額が、メ-カー様とは、雲泥の                  差なのよね。                  遡り、経費の出所は何処か?                  お施主さんが、住宅を建てるときの                  住宅の価格に、しっかり組み込まれてる                  住宅メ-カー様は、その経費の割合が                  結構な割合を占める事が、多々有る。                  総額に対して、経費の割合が大きい                  と言うことは、実際に住宅に掛ける金額が                  減るということになる。                  掛かる経費は、致し方がないが、                  あまりにも・・・目を疑うような割合の                  会社も噂では聞くことがある。                          デフレ傾向の、このご時勢だから                  「1円でもお安く」その気持ちは、                  あたしでも痛いほど理解できる。                  ただ、真のカラクリを知らず、うわべの                  お得感に、惑わされないで、深層を                  見るべきではなかろうか?                            


粗悪?

2015年10月8日
粗悪?1
                 あたしの愛車                  只今、世界的に問題になってる車メ-カー                  世界最強の大衆車                  それなのに、それなのに・・・・                  不正は、全くもって許される事ではない                  不正ソフトの出所は、ドイツの                  自動車機器製造メ-カーのBッシュ                  果たして、この問題が、他のドイツ車には                  関係が無いのか?                  Bが頭文字のメ-カーや、Pルシェ、                  Aウディ、果ては高級車の代名詞の                  Bンツ                  大丈夫なのか・・・                  そんな事よりも、あたしの車                  こんな騒ぎの最中に、オイルゲ-ジの                  摘みが折れた~                  これも、「不正」が原因?(大笑)      


抑止力

2015年10月7日
抑止力1
                  今年は、日本人が2人受賞                   ノ-ベル賞                   大村智氏は、以前に紫綬奉書を                   頂くほどの業績があるのに、                   その時には、何ら話題にもならず                   研究内容が、どれほどの業績か、                   どれほど凄い事か、などは一切                   報道されなかったが、今回の                   ノ-ベル賞を受賞した事で、一斉に                   業績を称える・・・                   要するに、研究の内容よりも                   ノ-ベル賞を受賞した事の方が                   話題になるのか・・・                   研究内容よりも、頂く「賞」の方を                     崇め奉る。                   何とも・・・・                   遡り、ビタミンB1を発見した                   鈴木梅太郎は、翻訳の手違いで                   ノ-ベル賞を逃してしまい、もし                   翻訳の手違いが無ければ、受賞は                   確実と、言われる位の発見をした。                   そんな、偉業も殆んど知られていない。                   要するに、内容よりも賞と言う看板を                   重視する傾向が、多々ある。                   上辺よりも、深層に潜む真実を知る事が                   大切なのでは、無かろうか。                   そうは、言っても「ノ-ベル賞」                   世界的な知名度は、断トツ                   しかも、ノ-ベルの資産を運用しての                   運営。それでけ運営出来るほどに                   ダイナマイトは、儲かったのか・・・                   よく聞くのは「戦争に使われてたのは、                   不本意」                   そう聞くが、真実は「抑止力」になる                   兵器になる事を期待していたらしい                   大量破壊兵器は、賛否両論あるが                   今も昔も「根絶派」と「抑止力派」の                   両論がある。                   根絶する事こそが正しい                   抑止力として、所有する事が正しい                   果たして、どちらが正しい選択なのか?                   今だ人類は、正解を導き出していない。                   何時の時代になれば、正解を出すのか?                                              


刀工

2015年10月5日
刀工1
                 昨日は、軽い衝撃を受けた。                  映像や読み聞きでは、知っていたが                  実際に、刃物(刀)を鍛えてる様子を                  自分の眼で見るのは、生まれて初めて                  大工道具・鎌鍬の製作現場は、見たが                  刀剣は初めて                  作業場(この言い方は些か不謹慎かな)                  工房、この言い方も、違和感が有る                  神が宿るような場所にすら感じる                  厳かな雰囲気                  今だから、科学的な見地で解析が                  可能だが、刀の鍛錬には人智を超えた                  見えざる「何か」が大切な要素                  このような言い方は、不謹慎だが                  刀は、そもそもは「人を殺める道具」で                  所謂、武器でしかなかった                  それを、美術工芸品にまで昇華させ                  見る人に、感動を与える                  これが、欧米の武器の代表格の                  拳銃で、感動を得られるか?                  まず、感動は得られないだろう                  その差は、何なのであろうか?                  私見だが、製作する事に対して                  製作者(刀の場合は、刀工)の気持ちの                  入れ込み方。それこそ「魂」を                  込めての作業の差かなぁ。                  この事は、あたしの生業も通じる事が                  有るかもしれない・・・・                  物を生み出すには、製作者は、気持ちを                  込めて作業を行わないと、感動を与える                  物は生まれない。                  その最たる物が、刀なのでは、無かろうか                  現代の刀工は、職人と言う括りでは無く                  芸術家の領域かもしれないなぁ。                  だから、芸術家に「幾らですか?」                  そんな金銭的な質問は、感心しない・・・                  むしろ、技術的な見地の質問が、                  質問としては、正しい気がする。     


超極細

2015年10月1日
超極細1
                 いよいよ、日本も資源を輸出国に?                  俄かには信じられないが、荒唐無稽な                  絵空事な話でない。                  こんな革新的で、凄い話題なのに                  何故か、ニュースでは取り上げない                  意図的に、取り上げないのか?                  樹木を加工して、鉄の5倍の強度で                  比重が5/1という、高強度で軽量な                  素材が出来る。                  樹木を砕きチップにする。ここまでだと                  パルプ(紙)を製造するレベルだが                  更に、ナノ(10億分の1)レベルの加工を                  行なうと、セルロ-スナノファイバ-と                  なり、夢のような素材に大変身                  方法、難しいの割愛(笑)                  これを推し進めたのが、日本再興戦略                  ニュース的に言うなのであるならば                  「アベノミクス・第三の矢」である                  「世界を惹きつける地域資源で稼ぐ地域社                   会の実現」                   どうも、今国会でも、揚げ足取り的な                   報道ばかりが目に付くが、こんな凄い事                   も、しくしくと行なわれてる現実                   他国が欲しがる資源を手にする事も                   武力を用いずとも、屈服させる事が                   可能になる事も多々有る。                   武力を用い事だけが、紛争に勝利する                   手段では無いと思う。                   孔子が唱えた「兵法」                   百戦百勝は、善の善なる者に非るなり                   戦わずして人の兵を屈するは、                   善の善なる者なり                     端的に言うならば「戦わずして勝つ」                   これが究極の勝利なのかも・・・・



牛久市 リフォーム 鈴木工務店
〒 300-1221牛久町50-8
TEL 029-872-6880 FAX 029-872-6150 E-mail suzuki@e-ushiku.jp