ひとりごと



休日

2015年4月30日
休日1
              本日は休日                  昭和の日               激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を               顧み、国の将来に思いをいたす。               何とも、仰々しい言い回し(苦笑)               まぁ、単純なあたしは、年号が変わり               この日が休みにならないのが、困る               もっと切実なのは、兼業農家でお米を育成               されてる方。               この時期は、田植えで大忙し~               お米を育成してる方が言うには、               「この時期に連休は助かる」               「なかなか休みを取ってまで田植えは・・・」               更に、言うには・・・・               「連休にお出かけ?未だに出かけたこと無い」               そう、稲作農家の方は、この時期にお出かけする               そんな事は、出来ない。               手間をかける割には、お米は安価               でも、続けるしかない。               利益が薄くても続ける、この現状・・・               何が原因なのか・・・               抜本的な解決策を、講じないと、この国の               食料事情は好転しない。                 


復活なるか

2015年4月29日
復活なるか1
              片付けをしたら、こんな物を発見~                 カセットテープ               正式名称は、コンパクトカセットと言うらしい               1970年から80年代には隆盛を極めたが               以降は、デジタルオ-ディオの普及が加速して                              今や、過去の記録媒体に・・・・                 と、思いきや、こんなアナログ技術が昨今               見直されてる。               斜陽の製品だったが、技術開発は、地道に               技術革新を行い、大量の情報を記録出切るように               なったらしい。               更には、コストの安さ。               デジタルハードディスクに比べ、10分の1で               済むと言う試算もあるらしい。               ハ-ドディスクは、常に高回転。テープは               使用時だけ電源が必要で、要するに電源を               止める事が可能(なんてエコなんだ)               更に、IT技術では、各国の後塵を拝して               辛酸を舐める業態にある日本が、唯一               他国に大きくリ-ドしてるのが、               磁気テープなのよね。               斜陽になりながらも、地道な技術開発、何とも               浪花節的な取り組みなのね               アナログ=古典的技術と捉えがちだけど               そんな事、無いのよね。                 


個性

2015年4月28日
個性1
                あたしが、取り扱うのは「木」               これが、また厄介な代物なのね。               大量生産の「工業製品」とは違い               一つとして同じ物は無い。この点は人間と同じね               同じ物は、無いが「寸法」等は規格で、ほぼ同じ               精密に測定すれば、誤差は有る。               そんな誤差を、大工は、汲取り上手く使う               更には、その「木材」の素性(癖)を見極めて               使う事も、大工の技術で、道具を使いこなすのと               同等に重要~               更に、木のお肌の色合いも見極め無いと駄目               木肌も人と同じで「色白」も居れば「「色黒」も               更には、人に例えるならば「ホクロ」等が               有る木も有る。               そんな、個性的な色合いを、ただ漫然と               張るのでは無くて、いかに調和が取れるように               張り上げるのか・・・               まさに、人と同じなのね。               人にも「個性」があるように木にも「個性」が                              あることを、ご理解してね。                                                       


変動期

2015年4月27日
変動期1
              ネパ‐ルで大地震               昨今、地球規模での天変地異が多い気がする               原始地球が誕生して46億年               そんな時間規模で、物事を捉えると               1年、2年などの時間は、刹那ではなかろうか               46億年の間には、最近の天変地異とは               比較にならない位の現象が有っただろう(想像)               先の、3.11の震災だって、人の想像を               越えた規模だった。               そもそも人智の及ぶ思考能力等は、人が思うほど               大したことが無いのかも知れない・・・               そう言えば、今回の地震で想いだした事がある。               耐震偽装で、国会まで引きずり出された               元A設計士の事件。               あの時の報道では「震度5程度も倒壊する」               「殺人マンション」などの紙面・画面を               賑わした。               それが、先の3・11の震災で、どうだったの?               倒壊どころか、ひび一つも入ってないらしい               まぁ、「ひび一つも・・・」は言いすぎかも               確かにA設計士が法令を破ったのは、               許される事では、無いが、簡単に構造計算の               数値を入替が可能なシステムを容認していた               行政(旧建設省)にも問題が有るのでは?               更に性質が悪いのは、大上段に構え               「自称・正義の味方」を気取る、報道各社               有る事、無い事を書きたて、A元設計士の               私生活を大暴露!!               事実なら仕方が無いが、偽言の多いこと                   そんな、「報道の暴力」でA元設計士の               奥さんは、自ら命を絶った・・・               3・11の後に報道各社の、A元設計士に               対して、謝罪・訂正等は、一切無し。               それよりも、「A元設計士の事件」を               思い出させないようにするのに必死。               そう思えるのが、過去の年の出来事(事件事故)               の番組で、この構造計算偽装の出来事を               取り上げた記憶が無い。               要するに一般人に「想いだされては困る」               そう思えて仕方が無い。               本来ならば、あれだけ「袋叩き」にしておいて               「実は、間違え。でも誤らない~」               自分たち(報道する側)に不都合な事は、               目を瞑る。               ほんの些細な事実を、過大に増幅させて               「こんな酷い事を!」と煽り立て伝える。               要は、「面白おかしく報道」そうしないと               番組を見てもらえない。               まさに、報道と言う名の「公開リンチ」では               無かろうか。               マスコミは、嘘も言わなければ                 真実も言わない                                        


わが街

2015年4月25日
わが街1
              噂は本当だった~                             最近、1000回の放送回数を数え               21年の長きに続く番組に、牛久が登場               囁かれていたのが、「牛久も大したものだ」               そんな肯定的な意見も有るが、こんな意見も               「牛久に取材に来るようでは、ネタ切れ」               そんな否定的な意見も・・・・               まぁ、そんな意見はさて置き、番組を見てると               知人が数名程、画面に映し出されてる。               まぁ番組で1位に取り上げてのは、大方の               予想の通りで「牛久大仏」だった               世間では「牛久=大仏」と認知されてるのか               そんな、わが町が誇る大仏。プライベ-トでは               行った事がないのよね(苦笑)               まぁ、よく言うけども、意外と近くの人は               「何時でも行けるから・・・」そう思い               行かないものなのね(笑)                    


また来期

2015年4月24日
また来期1
              今季も大活躍~               流石に、もう今季は出番なしね               鉄の大敵、錆ないように、残った灰を               斯きだして、軽く整備ね。               本格的な整備(煙突掃除・ガスケット点検交換)               などは、夏が過ぎて涼しくなる頃に実施~                             改めて、今季の「薪消費量」の記録を見ると               薪消費総量が、今季は2342キロ               まぁ、例年並みかな。               立米に置き換えると、約5立米かなぁ。               1m×1m×1mが1立米だから、これが               5個なのか・・・               比べるとしたら、何が一番理解しやすいだろうか               まぁ、兎にも角にも、結構の量を消費するのは               確実ね。4シ-ズン目で、大体そのシ-ズンの               消費量も把握出来た。               毎度の事だけど、原木は「タダ」」だけども               薪の形にするには、多大な労力が必要なのは               当たり前ね。               さぁ、来期に向けて、コツコツと薪の準備を               しないとね(苦笑)                                                                                           


リタ-ンライダー?

2015年4月23日
リタ-ンライダー?1
              こんな事、あるんだ・・・               この俳優が亡くなった。               亡くなった原因が「モ-タ-サイクルでの事故」               あたしも、モ-タ-サイクルには乗るだけに               他人事のようには、思えない・・・               報道では、過去にも事故を起こした。とか               精神的な病で治療を行なってる。とか               薬物・アルコ-ルが事故の要因では?               そんな、憶測が流れてるが、あたしが思ったのは               この人の「二輪の運転歴は、どうなのか?」               若年で、免許を取得して、この歳まで継続して               乗り続けたのか?               はたまた、ある程度の年齢の達してから               乗り出したのか?               私見では、後の意見の気がするなぁ               乗り続けてる人は、総じて事故が少ない。               経験を積んでいるので、危機回避など               弁えて運転する。               今回も「雨天時の走行」これだって経験を               積んでいれば、「どのように運転するか」               そんな事も分かるはず。               まぁ、詳細が分からないから、もしかしたら               外的な要素(他車の無理な割り込みで接触)               そんな事も有りうるが・・・               それだって、経験を積んでいれば、他車の               動きを予知・予測して回避する事も、               出来なくは無い。               最近の「二輪事故の傾向」は、ある程度年齢の               人の事故が多発してる。               年齢が高くなってから単車に乗る人。               後は、昔に乗って、また乗り出す人。               「リタ-ンライダー」と呼ばれる人の事故も               多い。               10年前と、今では、性能は隔絶の感がある。               そんな性能差が有るのに、操る人は、               10年前とは「体力・判断能力」などは               確実に低下してるはず。               要するに、機会の性能と操る人物をグラフに               見立てると「反比例」してる。               幾ら、高性能になっても、基本は「人が操る」               これを肝に銘じて、操作(運転)しないと・・・               亡くなられた方に、合掌                                                   


注意

2015年4月22日
注意1
              二車線の幹線道路               典型的な「茨城の道路」               他県の運転手が、異口同音に「高速道路と               見間違えるくらい」               それが、茨城の道路ね               これが、良いのか?悪いのか?               全国での交通事故発生率の高さも、この道路の               実情が原因の要因の一つらしい。               そんな道で、あたしが走ってると、追越車線に               制限速度で走る車が一台・・・               前方は、まったく車の姿無し               走行車線も並走車ありで、この車の後方は               多くの車が詰まった状態・・・               中には、「右に左にハンドルを切る」車の姿も               明らかに「イライラモ-ド」               信号待ちで、先導車の後ろにつき、見てみると                    初心者マ-ク               しかも、信号が青に変わっても発進しない~               よくよく見ると「携帯の操作中」               まさか、運転中も「携帯の操作の運転?」               初心者で「携帯操作の運転」だとしたら               なんとも度胸が良いのか(苦笑)               この時期は、免許取得したばかりの人が多い               注意しないと、このような初心者に巻き込まれる               事故が有り得るので、こちらも注意して運転を               しないとね。                                   


昇華

2015年4月20日
昇華1
              昨日は、お休み~               こんな展示会に行ってきました               北茨城の「天心記念五浦美術館」               そこで企画展時されたのが、こちらね               今や、作品によっては、数千万円の価格の物も               存在するようだが、これはあくまでも、有名な               作家の品ね。               そもそも、当時の価格は、現在の貨幣価値だと               数百円の価格だったらしい。               更には、浮世絵(錦絵)は大衆文化であり               一部の特権階級や富裕層の贅沢品では、無くて               安価なのね。               だから、手に取り眺め、飽きれば襖の浦に               修理で貼り付ける。そんな程度の版画ね               そんな庶民の物が、今や「芸術品」にまで               昇華するとは・・・・               努々、当時の作家・版元は、思いもよらなかった               だろうなぁ~               構図によっては、お上から締め付けがあり               罰を受けることも有ったらしいからね。               それが、今現在は「芸術品」だもんね。                                                               


2015年4月19日
初1
              週末の出来事ね                人生、40数年やってるけど、               この場所に、足を踏み入れたのは               人生で初めてなのね。               その晩には・・・・               

続きを読む...

社会通念

2015年4月16日
社会通念1
              どこそかのラ-メン屋               「ネギご自由にどうぞ」で、トッピング用に                   ネギを置いておいたら、このような有様~               店側が、注意をすると、「自由にどうぞ。そう               書いてあるから、良いだろう」               そんな、理屈を並べたらしい。               この展開に、賛否両論なのね。               まぁ、社会通念で考えれば、「お店が正しい」               そう思う。               ところが、某弁護士が「お客が正しい」               そんな見解を示した。               確かに、法律的な見解をするならば、               お客が正しいとも解釈できるだろう。               でも、常識的に考えて、この行為は               おかしいだろう。               そもそも、日本人の美徳であるはずの               「謙虚・奥ゆかしい」などは、この行為を見ると               微塵も感じ得ない。               要するに「自由」の意味を履き違えて               「自由」とは、何をしても良い!と勘違い               してる節が見受けられる。               更に性質の悪いことに、このような非常識な               行為を擁護する弁護士が存在する事。               どうも、このような意見を発信する人物は               売名行為のように思えてしまう・・・・               物質的は、世界的に見ても豊になった日本               ただ、その「物」の豊かさを追い続け、               大切な、「何か」を忘れては、居ないだろうか?                                                  


新品

2015年4月15日
新品1
              お・ニュ~               今まで履いてた靴が、駄目になった訳では               無いんだけど、買っちゃいました。               通ってる、スポ-ツジムで使用するためね。               前回の靴は「とりあえず続くか分からないから」               そんな気持ちで、買った靴だから、性能よりも               お値段で選んだ、靴だったのよね(苦笑)               今回の靴は、自分を奮起させる意味合いも込めて               そこそこ価格で、ランニングに特化した靴               まぁ、早い話が「ランニングシュ-ズ」と               言うのよね。               しかも、人生初の「ランバ-ド・ミズノ社」               さすが、出来も良くて、軽いのには驚き~               今回、これを買った以上は、止めないで               続けないとなぁ~               まぁ、定期的に運動してるお陰で、体調も               悪くないなぁ。               無理せず、ボチボチと気長に継続ね。                  継続は力なり


ひっそり・・・

2015年4月11日
ひっそり・・・1
              噂を聞き、数回程購入~               初めて行く時「うっかりすると通り過ぎる」               そんな注意をうけて、行ったけど               やっぱり、通り過ぎた(大笑)               以前も、午後には「完売」だけど               最近は、更に完売時刻が早まった~               今回は、幸運にも購入できた。               愛想のいい老夫婦2人で切り盛り               「まさか、この歳まで仕事するとは、                思ってなかった(茨城弁)」               「これ以上は、忙しいのは勘弁~」               何とも、無欲。               話を聞くと、何回かテレビの取材も受けたそうで               その都度、忙しさが増すらしい。               看板商品の「あんド-ナツ」のお味は、                                   非常に美味               元々、おいしい品物で、番組の効果もあり               相乗的な効果で、客が増える。               良くも悪くも、マスメディアの効果なのね。               なかには、元々が大した事の無い品物を               販売していて、そのくせに、そのような               媒体にやたらと露出したがる、飲食店を               多々見受ける。               元が、大したことがないのに、そんなのに               露出して、大挙お客が来ても、一時で               再来は、無いだろう・・・・               今回のお店は、機会が有れば、何度でも行きたい               心配なのは、お客が増えて買えなくなる事ね                                              


アングル

2015年4月10日
アングル1
              先日、こんな番組が放送された。               何とも、制作費の掛からない番組だこと(苦笑)               ご他聞に漏れず、放送局も金銭的に厳しいのかも               スタッフ数名と出演者               ブラブラ歩きながら、出会う人と語らう               出会う人は、まったく一般人だから               ギャラは発生しない               まぁ、今話題に成ってる「やらせ」でなければね               そんな番組だけど、この回は、なんと               「筑波山」しかも、旧のつくば道               あたしも、数回訪れた事があるが、               カメラのアングルで、「こんな景色が・・」               まるで、つくば道じゃない~               そう思えるほどの、風景が映し出された。               そうそう、噂では、当地の牛久が某情報番組で               取り上げれて、近日放送されると、聞くが               本当なのか?               


真実

2015年4月7日
真実1
              70年の節目と言う事で、今日4月7日は               この船の話題を耳にする。               「無用の長物」と揶揄される事が多い               しかし、本当にそうなのか・・・・               光学機器の分野では、この技術を応用発展させ               カメラレンズの世界最高レベルに引き上げた               造船の工法も、短期間に造船を可能した。               造る側(技術者)は、「より高性能」を求めて               造るだけであり、それを運用(使う側)に               問題があり、誤った運用方法に誤りが               有ったのでは・・・               そんな、誤った運用方法に、付き合わされた               乗員は、誠に気の毒である。               そんな、乗員が、辛くも生き延びて               真実を語ってくれれば、まだ良いが               どうも、怪しい・・・               この書籍の内容も、長らく真実とされていたが               どうも内容が、怪しい。               しかも、その記述を問いただすと               曖昧な返答。               正しいのであれば、毅然と「真実である」と               言える筈。               歴史とは、恐ろしい物で、後世に真実を               故意に虚偽に書き換える事も多々ある。               古人曰く               嘘も100回言えば真実になる               


テスト

2015年4月7日
テスト1
    テスト


掘り出し物?

2015年4月6日
掘り出し物?1
             満面の笑み。              友人、T野。              小雨が降る、日曜の早朝に2人でお出かけ              ゲットしたのが・・・・

続きを読む...

1年振り

2015年4月5日
1年振り1
              若手、漫才コンビの営業?               いいえ、違います~               実は、週末に「お花見」               場所は、「牛久と言えば、ここ!」               と言うか、ここしか無いでしょう(苦笑)               只今、本館が震災復旧工事の最中の・・・               牛久シャト-               桜も、ドンぴしゃりの「満開」               今回の集りは、以前に所属していた               商工会のOB枠で参加。               集った仲間、30数名。頻繁に会う人も居れば               この花見の時にしか会えない人も居る。               何かの運命で出会い、別れ、年に一度だけ               再会する。               出合った事で、お互いに少なからず影響を               与えたり、与えられたり・・・・                  縁(えにし)                はたして、あたしは他者に、正な影響を               与える事が出来てるだろうか・・・・                                          


切った

2015年4月2日
切った1
             目標の70切り~              実は、去年の12月から一念発起で、肉体改造に              着手したのね。              今、話題の「Rイザップ」に通った?              とんでもない~              入会金で50,000円              2ヶ月298,000円(税別)               合計金額が約350,000              これだけの金額で全16回だって              そこで、あたしが通ったのは、公営施設              実は、前にも行ってたんだけど、約1年のブランク              1年もブランクの間、体は、すっかり「怠けた体」              「これでは、やばい」              通っていた時は、自分で言うのも何だけど              そこそこの体型を維持していたの、行かなくなると              だらけた体に大変身~              知人にも、通ってる事は内緒にしていたから              久々に会う人には「どうかしたの?」              「もしかしたら、病気?」              どう、「痩せる」=「病気」とは、短絡的でしょ              まぁ、今回、これだけの成果が出たけど、              そう簡単には、体重は落ちない。              この時期になると、毎年の事だが必ず              「一週間で3キロ減量!しかも無理が無い!」              「飲むだけで、きつい運動一切無し」              そんな、眉唾な商品を目にする。しかも深夜の              通販番組(大笑)              そもそも、楽して太り、楽して痩せる。そんな              都合のいい訳には、いかないのよね~              短期間で体重が落ちる。確かに落ちるが、              そんなのは、健康を害して体重が落ちるのであって              痩せる、のではなくて「病気でやつれる」              健康を害しない程度とは、一ヶ月に1、2キロが              限度らしい。              そう考えれば、一年掛ければ12キロも落とす事が              可能なのよね。                                                                           



牛久市 リフォーム 鈴木工務店
〒 300-1221牛久町50-8
TEL 029-872-6880 FAX 029-872-6150 E-mail suzuki@e-ushiku.jp