ひとりごと



初午

2015年3月31日
初午1
                            当地の稲荷様(女化稲荷)の初午は、旧暦で               執り行われてる。               噂で聞いた話しでは、一時「新暦」で開催・・・               すると、殆んど人が集まらず、戻した               そんな話も耳にする。               初午は「雑節・ざっせつ」の一つだから               新暦で執り行うのは、非常に無理がある               そもそも、雑節は、季節の移り変りをより適確に               掴むために設けられた、特別な暦日。               初午は、冬から春の変り目の頃だから               新暦で執り行うと、まだ寒い時期になる               旧暦ならば、そんな事無く、確実に季節の               変り目になる。               そもそも、日本は「農耕民族」なのだから               土を耕し収穫する。その為には、季節の移ろいは               非常に重要なのね               人間の都合で旧暦から新暦にしたけど、農作物に                 人間の都合などは通じない(笑)               だからこそ、今でもお百姓さんは、人の力が               及ばない、気象現象に畏敬の念を抱き               神に、無事の収穫を祈る。               農業技術が革新的に進歩しても、最後の最後は               気象現象(自然)には、敵わないから、               人は、このように神に、頭を下げて祈る。               「非科学的だ」だ一蹴する人も、居るだろうが               昨今の自然災害を、目にすれば、人の力など               自然の前には、無力・・・・               だから、人は祈るしかないのである。


御座替祭

2015年3月29日
御座替祭1
              筑波山の春と秋に、執り行われる祭りに合わせて               筑波山各所で、いろいろな催し開催               この旧郵便局も年に二回ほど一般公開               肝心の祭りは、4月1日。               昨今は、社会情勢を考慮して、日にちで               執り行うのでなく、日曜日を絡めた開催が               多いのだが、御座替祭は、そんな昨今の               風潮など関係なく、頑なに「日にち」で               行なう。何でも起源は「平安時代」               さすが、筑波山のお祭り               ただ、聞くと「あまり見学者は居ない」               そうだろうなぁ。告知もあまりしていないなぁ               更に、昔ながらの「日にち開催」               まぁ、祭りにも二種類あって               閉鎖的な祭りと開かれた祭り               御座替祭も、どちらか言えば、閉鎖的祭り               何時の日にかは、実際に見てみたい。                             


誰のもの

2015年3月28日
誰のもの1
              大手家具量販店の騒動。一応、株主総会で               決着~               調べると、この会社も元は「箪笥製作」               まぁ、家内製手工業の極々ありふれたお店               それが、色々な要素で、これだけの規模の会社に               大成長~               販売手法が当たり右肩上がり               しかし時代の流れは、そのような販売戦略を               時代遅れにしてしまう。               そこで、「時代に合った」販売戦略を               打ち出したのが、現社長。               さぁ、果たしてお客は、どちらの販売方法を               受け入れるのか?               変化を拒むのが、正しいのか?               変化をするのが、正しいのか?                              それも、そうだけど単純に考えてみると               こちらの会社は「株式会社」               株式会社は、株を株主に買ってもらい、               その資金を元手に会社を運営               会社の儲けを、株主に還元する。               まぁ、単純に言えば、こんな事ね。               そう考えると、会社は「誰のもの」               株主有っての会社でしょう。               自由気ままに、経営したいならば               株主から資金を募らずに、「身銭」で経営すれば               誰にも文句など言われない。               会社の規模は、大きくしたい。資金が欲しい               資金を集めるが、経営方針は、やりたい放題               それでは、通用しないでしょう。               今回の騒動だが、跡目争いよりも               あたしは「時代に沿った経営方針」それを               どのように見極めて、実践していく事の               難しさ。それを感じるなぁ。                    


投げ売り

2015年3月27日
投げ売り1
              冬の期間限定の商品で、販売会社のHPによると               2014年12月から2015年2月までの               生産らしい。               既に、生産中止と言うことなのか。               そんな季節限定生産品。季節も日に日に               暖かくなり、冬限定生産品なので、売れ残ると               販売店の最後に手段は、「投げ売り」               思わずてに手に取り「お買い上げ~(二本)」               HPを見ると「冷やすと一層おいしい!」               冬に売り出す商品なのだから「ホット」で               飲むのが正しいのでは?               それなのに「冷やすとおいしい」と言うのは               どうなのか・・・               まぁ、本来「甘酒」は冬の飲み物では無くて               真夏の飲み物。今でも俳句の季語で甘酒は               夏を現す。               なぜ、冬の時期の限定品なのか?               それならば「夏限定・みかん味」で売り出せば               どうだろうか?               もっとアバンギャルドに「スイカ味」などは               如何でしょうか(大笑)               たぶん商品開発の試作の時点でNGになるだろう


クロ-ン

2015年3月26日
クロ-ン1
              各地で、こちらの花の開花が話題になってる。               話題になってるのか?話題にしてるのか?               伝える側が話題にしてるから、受け取る側が               話題に乗ってるのか?               そんな桜花(ソメイヨシノ)               桜花と言えば、他の桜を差し置いて               ソメイヨシノ=桜の公式が成り立つくらいに               なってしまったのが現状なのね。               諸説存在するが、人工的な品種改良で作られた               この説が有力らしい。               街路樹・河川敷などに植樹されてるが               俗説だけど、河川敷に植えた訳は・・・               ・単に水辺だと美しい               ・散った花びらが川の水に流れるので掃除が楽               ・桜は大きくなる木なので、広い土地が必要               そんな理由も有るだろうが、真の目的は                    人集め               なぜ人を集めるのか?理由は、今でこそ護岸は               コンクリ-トで行なうが昔はそうではなくて               土を突き固めるだけ。               今も昔も河川氾濫は、大事。               しかも昔は建設機器が存在しないので、               何事も人力が基本。               それでは、どうしようか?               桜を植えれば、人が集まり地盤を踏み固める~               なるほど、なるほど。誠に理にかなってる               この理由も、当たらずと雖も遠からずなのね                   


諸問題

2015年3月25日
諸問題1
              未だに解決しない、中東での問題               何が原因なの?               そもそも、原因を生み出したのは               石油をめぐる欧米の覇権主義が、中東の紛争の                   大きな原因。               そこに宗教を絡めて、お互いの憎しみを増幅               させて、武器を持たせる。               そうなると、武器商人が莫大な富を手にする               石油も儲かるが、武器販売も、非常に儲かる               さらに世界的に経済格差は、広がる一方で               「富める者は、益々富み、貧しき者は                更に貧しくなる」                強欲資本家の、欲求は際限が無く                富を手にする為ならば、どんな手段も                厭わない。                よく囁かれているが、我々が信じ込んでいる                「資本主義」の限界なのでは?                そもそも「通貨」は物々交換が盛んになり                物資の交換に伴う不便を取り除くために                代替物を用いたのが「通貨」の始まり                なぜ「通貨」には人を惑わす魔力が有るのか                要は、「通貨」を手にすれば、人の抱く                欲求は、大概事が実現可能になるからだろう                物欲など満たすのは、意図も容易い。                だから、人は手にしたいのだろう                人が「物欲」に惑わされてる限り                「通貨」の魔力からは、逃れられないだろう                斯く言う、あたしも魔力に惑わされて一人かも                悲しいかな、煩悩から逃れられない・・・・                          


身に覚えが・・・

2015年3月24日
身に覚えが・・・1
             久々に、こんなメ-ルが来た~              今となっては、もう古典的な手法ね(笑)              一昔前ならば、引っかかる人物も居ただろうが              今では、引っかかる人は皆無だろうなぁ~              某「無料動画サイト」では、このような業者に              直接電話連絡して、撃退・論破してる様子が              上がってるけど、見てると非常に愉快痛快。              騙そうとしていた側(詐欺業者)がコテンパンに              言い負かされて、最後は、詐欺業者が一方的に              電話を切る(大笑)              流石に、あたしには、そこまで真似が出来ないので              今回は、このまま放置~              でも、本当に「法的手続き」が為されて、然るべき              処から連絡が入ったら、どうしょう?(大笑)     


国産

2015年3月21日
国産1
              ある意味、非常に珍しい商品かもしれない               この形状が珍しい訳では無い。               今でも、この形状の「金のこ」は有るだろう               じゃぁ、なんで珍しいのか?               何と、日本製               今では、このような商品は、隣国の               自称、超大国(苦笑)               そのくせに、先進国に要望してる               二酸化炭素排出の問題になると               「我が国は、発展途上なので義務は御免被る」               そんな、二枚舌のお国で生産してるのが               当然の時代ね。               今や、家電製品でも、日本製を探すのが               難しい時代だよ。               そんな時代に、このような製品で日本製とは・・               取るに足りないような商品だが、流石は               日本製。昨今の海外生産品とは違い出来栄えが               良い~               この程度の品でも「確かな品作り」               この姿勢は、頭が下がる               間違っても、隣国の「自称・超大国」には               こんな商品でも、これでけの品質で造るのは               たぶん無理だろうなぁ~(苦笑)               こんな品にも、日本人の真面目な製品造りを               垣間見る事が出来るのよね。               


2015年3月20日
技1
              また、巨星墜ちる               語り口も「丹精かつ上品」               今の関西言葉は、どうも下品に聞こえるが               米朝の言葉には「品」を感じる。               衰退していた上方落語の復興の為に尽力し               多種多様な古書や文書で研鑽               もし、米朝が居なかったら上方落語は               今のような隆盛は、有り得なかっただろう。               昨今の「お笑い芸人」本当の意味での               「芸・技」を兼ね備えた芸人が居るか?               技を身につけるのは、並大抵では無い               「苦悩」「挫折」「落胆」               そんな事を乗り越えてこそ、身につく               今の時代は、そんな時間を掛けて「芸・技」を               身につけるような風潮でないのが現状。               果たして、この後の時代は、どのような時流に               なるのだろうか?               技を磨くのには、どうしても時間を要する               時流は、どのように流れるのか・・・・                                                           


彼岸

2015年3月18日
彼岸1
             今日は「彼岸の入り」              古人曰く「暑さ寒さも、彼岸まで」              誠にその通りの陽気。              外には草花が芽吹き、虫も活発に活動する。              確実に季節が変化してる。              季節感に鈍い人間でも「空の色」や              「風(空気)の臭い」               そんな変化を感じる事が出来る。               寒かった季節から、移ろい温暖な季節に               移行しつつある・・・・    


経済

2015年3月16日
経済1
              一面のネギ畑。                    何でも、ネギの語源が「根っこを食べる」が               ネギと言うらしい~               そんなネギ、薬味に使われたり、鍋物には               欠かせないお野菜。               しかも、薬効もあり「風邪」に有効とされる。                              豊作で本来は喜ぶべき事だが、経済的な事情で               収穫されずに、潰してしまうこともある。               要するに、「採れ過ぎる」と市場原理で               価格が下がる。高く売れないのなら               収穫する手間が、無駄~               それならば、収穫を行なわない。               経済の観点から見れば、正しいかもしれないが               どうも腑に落ちない・・・・               人が生命を維持するのに必要な「食」               その根源の「食べ物」を粗末に扱う事が               はたして正しいのか?               品種改良、機械化などで、農作業も効率的に               行う事が出来るようになったが、未だに               気候に左右される事が多い。               気象は予測出来るが、人の思いのままに               雨を降らせたり、日照時間を調整したり               そんな事は不可能               だからこそ、人は「豊作」を神に願い               祈る。               人智が及ばぬ、自然の法則(森羅万象)で               作物は、実り人が食することが出来る。               それなのに、「儲からないから廃棄」では               何かおかしいのでは・・・・               例えば「捨てるくらいならば、欲しい人に               無料で収穫させる」そんな事をすれば               無駄にならない。               生産者は「潰す手間が省ける」               頂いた人は「タダで頂ける」               どちらも、利に適う。               捨てる人が居れば、貰う人あり。                                          


ライブ

2015年3月15日
ライブ1
              昨日の晩に、まったくの偶然に、このような               催しがある事を知ったのね。                        我が街の有志が、このような会を運営               しかも、今回で「9回目」だって               しかも「木戸銭無料」               正直な事を言うと「大して人は、集らない」               驚いた事に、会場には、約200人~               プロの噺家で無く、素人噺家の会               それでも、非常に楽しい~               こんな会が開催されていたとは・・・               迂闊にも知らなかった事は非常に残念               次回開催は、6月に予定してるらしい               なんでも、「なかなか会場を借りる事が                     難しい・・・」               願わくば、末永く続いて欲しいと思う。               プロの噺家で無いけど、ライブでの落語は               楽しいなぁ。  


やり過ぎ

2015年3月13日
やり過ぎ1
              世界屈指の「お金持ち国家・ドバイ」の               パトカ-が、こちらのス-パ-カ-               ランボルギーニ・アヴェンタドール               その性能が700馬力、エンジンがV12                5600cc。時速100キロ到達が               3.2秒~               こんな、パトカ-に追跡されたら               逃走不可能でしょう。               しかし、現実的に考えて、こんな車が必要なのか               他にも、フェラ-リ、マクラーレン、カマロ               アストンマ-チンなどの高性能車がずらり~               流石は、金持ち国家なのね。               単純に「石油が出るから金持ち国家」と思ったら               大間違いで、元々、石油の産出量は少なく               石油依存経済から、早々に方向転換を行い               産業の多角化に舵を切っていた。               全ての事で言えるが、何か一つに頼るのでなく               複数の事を行なわないと駄目。               万が一に、一つに依存していたら、その一つが               駄目になったら、全てが駄目になる               複数だったら、Aが駄目でも、BもCも有る               危機回避の方法では非常に有効なのね。                


美味

2015年3月10日
美味1
               正直言って、味を期待していなかった                逆の意味で、裏切られた~                「非常に美味」                洋生菓子は、美味いけど、和菓子は・・・・                そう思っていたが、大手資本が本気で                商品化すると、この価格でこの味~                しかも、365日24時間。すなわち何時でも                この味の商品が購入出来ちゃう。                一般消費者からすれば、良いことだけど                同じような商品の取り扱い小売店は、                どう思うだろうか・・・                こちらの商品を凌駕するくらいの「味」を                提供しないと、厳しいだろうなぁ~                                 


道具の道具

2015年3月9日
道具の道具1
              安土桃山時代の絵図には、この道具が描かれて               その時代から、若干の変化は、有ったものの               21世紀の今日まで、使われ続けてる道具                    鉋(台鉋)               高級品になると、プレミアム価格になり               数十万円もする鉋も存在する~               ただし、高額だから、綺麗に削れるか?               答は「否」。買ってから、直には使用不可               お手入れを行なわないと、使えない~               普通は、道具は「買えば直に使える」               これが常識だけど、あたし達が使う道具は               手入れをしないと使えない物が多々ある。               更に、使い込むと、今回のように               「道具の道具」を駆使して、調整が必要。               使い込むと、鉋の台が磨り減り、削り調整する               極端な話、この鉋は、バッチリ調整が               出来ていれば、素人さんでも、そこそに削る事が               出来る。               要するに、鉋は「刃物研ぎと台の調整」               これが最重要で、調整が仕事のようなもの。               偉そうに言うが、あたしなどは、まだまだの               レベル(苦笑)               更なる精進をしないとね。                           


墓標

2015年3月5日
墓標1
              海底1000メ-トル               深く暗い深海に、70年前に激戦の果てに               沈んだ、戦艦武蔵。               それが、アメリカの大富豪の道楽?で発見               武蔵を沈めた側の子孫が、発見したと言うのも               何だか複雑な心境・・・・               世間的に受けだと、「大和」は取りざたされるが               武蔵は、さほどでも無い               そんな、武蔵だが、知ればその功績は、               大和よりも評価されても有り余る。                 どうも、大和がクロ-ズアップされるのは               アニメ番組の影響に思える。               そんな武蔵。何故か、「大和」よりも「武蔵」に               心が惹かれる・・・・               今はただ、海底深くに、その巨体を横たえ               静かに眠り続ける。               艦と共に運命を共にした、乗員の方々に               黙祷・・・・・  


荒療法

2015年3月3日
荒療法1
              3月になったけど、まだまだ冬               冬と言えば「乾燥」               乾燥すると・・・・・               今季も、あたしの指先は「あかぎれ」               毎年の事だが、これが非常に痛む~               本来ならば、「保湿クリ-ム」なり便利な               物があり、処置する煮が正しいが               あたしの治療法は、こちら~               瞬間接着剤を患部に、数滴垂らす               その名の通り「瞬間に接着」               それまでの、痛みが「あら、不思議」それ位に               痛まない。               本来の使用目的から、大きく逸脱してるので               もし、これを見てやる方は、あくまでも               自己責任で行ないください(笑)                      


午前

2015年3月1日
午前1
                             「午前中に行かないと、売り切れてる」               「並ばないと、買えない」               「一人で20個買ってく人もいる」               そんな噂のお店               現・常総市にある、あんぱんが有名なお店               10時頃の来店だったので、お客は               あたし一人               ショ-ケ-スには、あんぱん・クリ-ムパン               チョココロネ・レーズンクリームパンの4種類               「開店間際だから、これだけなのか?」               そんな事を思いつつ「あんぱん2個ほど・・」               噂では、「5個はぺろりと食べられる~」               そんな事を聞くが、初めてなので               大量購入は、実際に食べてからね               肝心のあんぱんは、焼きたて、温もりが               手に伝わるほどなのね。               あたしと入れ替わりのお客は               「あんぱんを15個下さい」               店主も驚く事無く、対応していた               噂は本当だった~               肝心のお味は、しつこくない甘さで              「5個はぺロリ食べられる」の噂も              嘘ではなかった。                                 



牛久市 リフォーム 鈴木工務店
〒 300-1221牛久町50-8
TEL 029-872-6880 FAX 029-872-6150 E-mail suzuki@e-ushiku.jp