ひとりごと



文化相違

2014年11月30日
文化相違1
              起源は同じ(古代インドの「チャトランガ」)               戦争ゲ-ムが、西に伝わり「チェス」に               東に伝わると「将棋」になったらしい。               起源が同じなので、王(キング)を取った方が               勝ちとなる。               駒の動かし方も、似たような物               しかし、大きく違うのル-ルが存在する。               それは「将棋は、取った駒を使える」               チェスは、取った駒は使えない。               取った駒を、再び使えるボードゲ-ムは、               世界中でも将棋くらいらしい。               この駒の「再利用」出来ると言うル-ルだけど               非常に日本人の心情が反映してる。               日本国内での戦(戦国時代)を思い浮かべると               敵対する勢力を「根絶やし」にする事は、               殆んど無く、「昨日の敵が、今日は味方」               家臣が、敵対する領主に仕える事も多々ある。               まさに、将棋の駒と同じに見える。                 方や、西洋の戦は、異民族同士の戦で、               はたまた「宗教戦争」の様相を呈してる。               西洋の戦は「敵は完膚なきまでに叩き、滅ぼす」               ましてや、敵の異民族を味方に引き込む。               そんな発想はまったく皆無               まさに「チェス」のルールと同じに思える。               その民族の思想が、同じ起源のゲ-ムを               このような違ったル-ルになった、と言うのも               非常に興味深い。               そんな将棋の永世七冠の羽生をしても               チェスの王者には敵わなかった~               まぁ、チェスの王者にもプライド・意地が               有るもんね。                        


問題提起

2014年11月29日
問題提起1
              映画の興行で考えると、さほど収益は無かった?               封切り前は、多少は話題になったが、それは                        この映画製作サイドがテレビ会社がスポンサ-に               なってるから、無理やり話題にした感がある。               どうも、日本映画は、テレビ局が「スポンサ-」               になり、局の意向が、色濃く出て、監督が               本当に描きたい作品が、世にで無い傾向が               多々有る。               と、本筋の話しから逸れたけど、この映画               今の日本林業業界の、問題を取り上げて               まぁ、さほど荒唐無稽な内容では無かった。               興味が有る方は、ご覧になることをお勧めします               資源の少ない日本で、数少ない資源が               森林資源。その貴重な資源が活用されない               この現状・・・               何が問題?誰が悪い?               この問題の原因は、根深く複雑~               どうすれば、解決するのか・・・・                  


境界線

2014年11月28日
境界線1
              道路挟んで、右と左では地区が違う。               いわゆる、境界線になる。               左側の地区が「刈谷」(牛久在住の方はご存知)               右側の地区が、牛久では超老舗の地区である               城中地区。江戸時代以前からの脈々と               存続してる、由緒正しい地区               それなのに、この道を挟んで大問題が・・・               それは、ピザの宅配が、刈谷はOKなのに               城中はNG!!               あたしの友人のお宅が、この右側に有る。               ピザを頼んでも「城中です~」と言うと               やんわりと断られる。               「城中でも、道路挟んで刈谷の所なんですが」               そんな事を言っても、断られたらしい。               「それでは、道路に出て刈谷で待ってるから                それでも、駄目ですか?」               それでも、断られたらしい。               どこかで、境界を設けるのは、仕方なの無い事               でも、その境界のまん前と言うのは、嫌だなぁ。   


不可能

2014年11月27日
不可能1
              この企画は、永遠に不可能になった・・・               賛否両論。どちらの意見が正しいのか?               今となっては、どうでも良いのかもしれない。               4人が揃わないと駄目・・・・  


連休二日目

2014年11月25日
連休二日目1
              連休二日目も、お出かけね。               二日目は、初日とは大きく趣向が違うイベント               旧八郷で開催の「クラフトフェア-」               今年で21回だって。               陶芸・ガラス工芸・金属加工・鍛冶屋・木工               ほうき職人・・・・               あたしも職人の端くれで、同じ「物造り」の               生業の方々と、お話しをして、色々な意見が               聞けて楽しみなのね。               そんな出店していた「陶芸のお店」に小学生が               やって来て「これを下さい」とご飯茶碗を                           買いに来た。店主の女性が、驚いた。               「本当に、欲しいの?誰かに頼まれて買うの?」               まぁ、普通ならそう思う。あたしも、そう思う               すると「自分で、これが欲しいから買いに来た」               他にも、子供が夢中になるような露店の               食べ物やらあるのに・・・               財布を取り出し、財布に中を弄り、硬貨を               集めて、店主に差し出すと「おまけするね」               そう言って1000円の茶碗を700円に               「残りの300円は、違う物買って楽しんでね」               たぶん700円で販売しては、店主の利益は               殆んど無い。それなのに、おまけをする心意気               お世辞で購入する大人と違い、「本当に欲しい」               そんな純真無垢な気持ちに、店主も感化されて               採算度返しの、計らい。               物造りをしてる人にしか理解出来ない               「自分の作品を惚れ込んでくれる」そんな人には               こんな計らいをしたくなるもの。               何か、見ていて清々しい気分になった・・・               果たして、あたしが、この子供の年代に               こんな事を感じて、「ご飯茶碗」を自分の               小遣いで買っただろうか?               そんな感性など、持ち合わせてるはずなど無く               己の業のみを求めて、如何わしい食べ物を               買ったり、当たりの無いクジを引いて騙されたり               そんな、「搾取される側」だったなぁ(大笑)                    


旧車天国

2014年11月24日
旧車天国1
              世間は3連休~               あたしは、2連休なのよね               連休初日の日曜日(23日)は、お江戸に遠征               お台場で開催された「旧車天国」               この手の趣味は、「天国」と言うよりも               「地獄」のような様相が色濃い(苦笑)                何でも、そうだけども、「古い物=故障」の                公式が成り立つのは、明白。                ご自慢の「愛車」を乗りつけ、お披露目                そんなイベントも終わり、帰宅準備・・・・                数箇所で、エンジン始動不可状態~~                一般の方からすれば、「お手上げ状態」                そんな状態でも、この手の趣味の方は                慣れた手つきで、修理修理                難なく修理完了で、帰路に着く。                このような故障も、苦労でなく、楽しみと                捉えられないと駄目らしい。                                                              


存在

2014年11月22日
存在1
              路傍に、こんなものが・・・・                            飲んだ人物が意図的に捨てた?               中身が入ってる時は、価値が有る物だったのに               飲み終われば、容器は投げ捨て?               一体、捨てた人物は、どのような心持で               こんな事をしたのだろうか?              


守る

2014年11月21日
守る1
              本来ならば、「守る」はずの機器が               人を傷つけるとは・・・・               何とも、本末転倒な話。               どんどん車は高性能化して、より速くなり               誰でもが、高性能の車を運転できる。               一昔前なら、競技用車両並みの性能の車が               一般の人でも手にする事が可能な時代。               車は高性能でも、操るのは一般人。                     益々、安全対策は、必要不可欠なのね。               


そもそも・・・

2014年11月19日
そもそも・・・1
              噂は本当だった・・・               バタ-が陳列棚に無い~               原因は、色々と取りざたされてるけど               複合的な要因で、今回の「品薄」に・・・               そもそも、日本人に「乳製品」が必要なのか               色々な意見が有るが、「乳歯が生え揃う               5歳以上のと健康を害する」そのように               検証する研究者も居る。               そもそも、欧米人に比べて、腸が長い日本人が               欧米人の食が合うはずが無い。               昨今の日本人に「大腸がん」が増えた、要因が               乳製品の摂取と、唱える研究者も居るらしい。               更に、深読みするならば、乳製品で生計を 立ててる業者の雇用を無くしたくないから               「摂り続けると、健康を損なう」とは               公表しないの?               もっと深く深く考えると「酪農」には               牛を育てるのに「餌」を与える。               一頭の牛に掛かる年間の費用が、約76万円               76万円の約46%が飼料費               35万だよ。               その飼料は、殆んどが配合飼料らしい               気になる、配合飼料の原料を見てみると・・               「とうもろこし」「大麦」「ふすま」等など               とうもろこし生産1位の国は・・・・               アメリカで、273,832,130トン               日本は157位で、たったの170トン               他の原料も、似たような生産量               要するに、日本人の体には、合わない食材を               せっせと体に摂り込み、生産者は、高い               飼料代に四苦八苦               何ともおかしな食物連鎖の図式が出来上がり。               こうなると、何のために摂取するのか?               それは「穀物生産者」を潤わせる為でしかない。               まさに、当たらずと雖も遠からずとは、この事                                                                                                                     


訃報

2014年11月18日
訃報1
              また一人、世を去った・・・・               映画にこだわり、テレビドラマには数本しか               出演しなかった。               生涯、出演映画数は、200本以上               調べると、こんな作品にも・・・               劇画の金字塔「ゴルゴ13・実写版」               さすが、趣味が「ライフル射撃」なので               劇中での、M16自動小銃を構えて姿は               まさに、デュ-ク東郷~               映画興業も、1974年度の邦画での配給収入               第4位で、4億400万円               ただ、原作者が、映画化には乗り気でなく               「無理を言えば、諦めるだろう」それで               出した条件が「オ-ル海外ロケ」              「主演は、高倉健」と無理を言ったが、製作側が               快諾~               原作者は、綿密な脚本、演出も指定したが               脚本通りには撮影されず、原作者は大いに               不満だったらしい。               原作者からすれば、自分の作品を、変えられる               ことは、物を造る職業の人からすれば、               許しがたい行為。               そんな「純真な物造り」の気持ちを蔑ろにして               「儲け主義」で軽々しく、取り扱う・・・・               過ぎた「儲け主義」は如何な物なのか。                  


民間療法

2014年11月17日
民間療法1
              こちらの飲料水                      誰が見ても「レモン・ティ-」               日本語的に言うならば「紅茶の柑橘果汁入り」               無理に日本語で言う事も無いか(笑)               そんな、レモンティ-だけども、海外では               「腹痛」時に飲むらしい。               だから、普段は、飲むことが無くて               腹痛時の「薬」として飲むのらしい。               だから、来日してまもなくの頃に               レモンティ-を、当たり前のように               飲んでる姿を目にしたときは、               「日本人は、腹痛の人が多いんだ」               そのように、思えたらしい~                 


場所柄をわきまえる

2014年11月15日
場所柄をわきまえる1
              美女の膝枕で「耳かき」               殆んどの男性ならば、「幸せ~」を感じられる               ひと時♪               そんな、至極の行為も、場所弁えないで行なうと               周りの人たちに、不愉快な思いをさせる。               遭遇したのは、某所で「食事中に耳かき」               ありえないでしょう!(怒)               百歩譲って「食事中に耳内部に異常が発生!」               そんな緊急事態でも、席を外して、耳かきが               常識でしょう~。               気になったので、棒情報サイトの知恵袋                           で検索した、同じような事の質問発見~               一部抜粋~               >気持ち悪~い!                食事中でなくても気持ち悪いです。                        嫌われたいのかしら?                次の回答~                >うわ~~~                 気持ち悪いですね!!                 どんなに良い人でもそんなことしてたら、                                  軽蔑します。                 その人、常識なさすぎだし、思考回路どうな                 っているのでしょうか?                 やっぱりね。常識なんだよね。                 そんな、人に嫌悪感を与えるような、                 行為を行うという事は、そんなに                 人が嫌がる姿を、見て満足する。そんな                 異常な精神構造の持ち主なの?                                まぁ、兎に角不愉快な事は間違いなし!!                                                       


泥棒

2014年11月13日
泥棒1
              まったくもって、自称「大国」のお隣さんの               傍若無人な振る舞いは、目に余る~               自分で「私の国は、大国」と吹聴してる               なのに、未だに日本からODAを続けてる。               経済発展してるんだから「もういいです」と               言えばいいのに(笑)               まぁ、ODAも日本企業の「紐付き」と言う               側面もあるから、日本の先生方も「甘い汁」を               啜りたいから、止められない~               両国のお偉さん達の、利害が少なからず合致               閑話休題               そんな、「自称・大国」のお隣さんの密漁は               もう、密漁とは呼ばず「堂々」漁をしてる。               闇夜に紛れ、コソコソやるならば、まだしも・・                            サンゴでも、貴重な資源。産出する場所こそ               違えども地下資源と同じなわけで、このような               行為を逆に行なったらどうなるの?               例えるならば、大挙して勝手に石油を掘り出して               自国に持ち帰る。               どんな国だって、そんな事を許す訳無いでしょう               もう鬼籍に入った方が生前に、聞かせてくれた               話だが、その方は、若い頃に大陸に渡り、               実際に大陸の人々の気風を知った。               「中国人は、自分より強い人物には、諂う」                                               「少しでも、自分よりも弱いと見切ったら                もう大変。横暴な態度」               「要するに、絶対に隙を見せては駄目」                何となく、この台詞分かるなぁ                今、行なわれてる首脳会談でも                「超大国」の世界の保安官(これも自称・笑)                の大統領には、造り笑顔で握手~                要するに、「毅然とした高圧的な態度」                それが、あのお隣に国との、お付き合い方法ね                そうそう、驚いた事が、更に有って                今回の「赤サンゴ」だけども、密漁してる                国では、「ジャイアント・パンダ」と同等の                絶滅危惧のレベルなんだって~                そんな、超貴重な種を、密漁するなんて                もし、他国のハンタ-が「パンダ密猟!!」                そんな事されても、黙ってるの?                まぁ、あの民度だから、高額の「袖の下」を                渡せば、見逃してくれる?                更に、袖の下を渡せば、生息地まで案内を                してくれるかも(大笑)                だって、首脳がアフリカ外遊で、同行した                政府高官が「象牙密輸」するくらいだから。                しかも、象牙を「政府専用機」に積んで                もう、こうなると、あの国にはモラルなど                そんな言葉は、存在しない~                                                      


出来てますか?

2014年11月12日
出来てますか?1
              出来てるようで、出来ない事。                  気遣い               作業中なのに、来客でなかなか帰らず               作業は止り、ぺ-スは乱れてテンション下げ下げ               一度、乱れたぺ-スは、なかなか回復しない~               周囲を見回し、相手の様子を伺い、どのように               行動するか。               すなわち、これ「慮りの精神」なり。               どうも、これが出来ない人物が昨今は               多い気がする。               顧みて、あたしは、出来てるか・・・・・               気をつけよう~                


幸福

2014年11月10日
幸福1
              果たして、この犬は幸せなのか?               飼い主は「きちんと世話をしてるから幸せだ」               確かの、きちんと飼育して、定期的に獣医にも               通院してる。               食事も、きちんと与えてる。               「不幸な訳は無く、幸せだ」               ただ、これは飼い主の意見で、犬の意見でない               もし、犬が人間と意思の疎通が出来たなら               なんと言うだろうか・・・・                              栃木の方で、犬の痛ましい出来事が有ったが               「命」で儲けて、価値が無くなれば処分。               何とも切なくなる。               命が失われた出来事なのに、取り扱う法律は               「廃棄物処理法違反」扱いは、残材の不法投棄               と同列の扱い・・・・               もし、これが人間ならば「死体遺棄事件」に               なるのに、同じ生き物でありなが、犬だと               廃棄物の扱いなのかが、釈然としない。  


サイクル ア-ト フェスティバル

2014年11月9日
サイクル ア-ト フェスティバル1
              自転車と美術の融合?               しかも自転車も「競技」に特化した自転車               さらに言うならば、博打の為の自転車               今回初めて行って見たが、既に数年前からの               開催なんだって。               そんな訳で、人生は初の「取手競輪場」に                            入場~(笑)               開催日で無いから、公営ギャンブル独特の               雰囲気は感じられなかったが、施設の設備、               常設の売店などは、「これぞ公営ギャンブル」               そんな空気感を漂わせてるなぁ。               ご他聞に漏れず「公営ギャンブル」の               観客離れで収益減らしい。               ニュース等では「娯楽の多様化」等と               もっともらしい事をコメントしてるが               果たして事実なのか?               あたしが思うには、「胴元」が儲けすぎだと               思う。               以前にも、宝くじで同じような話をしたが               日本のギャンブルは「胴元」の取り分が               多すぎる。                             お客に対する還元が少ない。               それを言うと「射幸心を煽るのは怪しからん」               そう言うが、ギャンブルなのだから当然だし               それを理解して、博打を打つんだから、               この理屈は、どうかなぁ~               胴元も、その取り分を、自分の懐に               入れるだけでなく、施設整備に充てるとか               やるべき事が有るとは思うのだがなぁ               どうも、「上の人物達」は自己の懐を               増やす事に熱心で、業界の繁栄などは               二の次のように感じてします。                                                


二世

2014年11月7日
二世1
              アメリカの中間選挙のニュース               自国の選挙のニュースよりも、熱心に               報道してる?               他国の選挙で、これだけ報道するのは               やはり、日本の親分である「アメリカ」だから?               イギリス・フランスだと、どうだろうなぁ(笑)               まぁ、それだけ「アメリカ」は日本に影響が               あるって事なのね。               そんな報道で、某公営放送の報道を見てると               この女史が・・・・               田中淳子ワシントン支局長                 支局長は、総局長の次のポスト               実質、アメリカで2番目にすごいキャリア!!               目元をよくよく見ると・・・・・

続きを読む...

所作

2014年11月5日
所作1
              あくまでも仮定のお話しね               午後の8時・・・・               よくよく特殊な事情の家庭で無い限りは               夕飯も終わってる時間帯。               この2時間くらい前に、客人あり               この客人が、椅子に根っこが生えたのか               席を立つ様子なし~               この状況をどう思うか?               こちらから、「来て欲しい」と招いたなら               致し方がない。               逆に「先方に都合で来た」のならば               頃合を見計らって退席するの、作法では?               当の本人達は、楽しく語らってるから               時間の経過などは、短く感じるであろう。               しかし、夕方の忙しい食事時の準備などを               行う方は、甚だ迷惑。               このような行動をする人物は、逆の立場               すなわち、夕飯時に客が自宅に来ても               迷惑と感じないのだろうか?(苦笑)               まぁ、一般常識を弁えた方なら、               そのような時間帯の来訪は避けるのが               常識であり、相手の気持ちを汲取る                            自分の時間観が、他人の時間観とは               違う事が多々あるので、相手の心情を               読み取り、行動することが大切ではないか。                                                


サイズ

2014年11月4日
サイズ1
              通勤の慌ただしい風景               道は慢性的な渋滞                  地方都市では、移動には車が必需品               道路整備が車の普及率に追いつかない               それも、渋滞の一因だろうが、               車の大きさが、一昔前に比べると               大きくなったのも、渋滞の要因だと思う。               こんな大きさの車で、乗っているのは一人               大ききなれば、それだけ燃料を消費する。               メ-カ-は「省燃費」の技術革新に               躍起だが、物の道理で「大きい物を動かす」               そうなると「多くの燃料消費」は確実               そもそも、このような車種が必要なほど               このご家庭は、家族が多いのか?               どうも、この手の車種を選ぶ基準が理解不能               どうも「売り手」の巧みな販売戦略を感じる               垂れ流しのCM戦略。               流れるCMのシ-ンは、素敵な家族が               あたかも、この手の車を乗る事で、更に               幸せになるような、錯覚させるような演出               そんなのを何も思考しないで、見ていると               脳に無意識の意識を植え付けさせて               「これを手に入れれば、我が家もCMのような                幸せな家庭が・・・」                そんなのは、まやかしの幻想でしかないのに                幻想を植え付けて、消費マインドを煽る。                「さあ、新しい物をバンバン買いましょう!」                本来は必要のな物まで買わせようとする                巧みな販売戦略。                本来の機能などは、二の次で「イメ-ジ」を                植えつけるような宣伝が多い気がするなぁ。                    


警備

2014年11月3日
警備1
              11月3日、今日は「文化の日」               この日は、牛久市の「ワイワイ祭り」               心配された天気も晴天に恵まれ、気温も               寒くなく、お出かけ日和~               そんな、楽しいイベントなのに、こんな方々の               姿が・・・・               例年だと、こんな光景は見られなかったのに               最近、こんな街でも、不穏な出来事が発生               暗がりで、いきなり背後から襲われて               金品を奪う。そんな強盗事件発生中               さらには、会場では「置き引き・万引き」等が               発生。               もはや「取る方が悪い」ではなく               「取られる方が悪い」それが当たり前に               なるという、そんな時代になるとは・・・               こんな、小さなイベントにですら、このような               警備の光景が・・・・               数年前までは、想像すらできなかったなぁ。                 


高級品

2014年11月2日
高級品1
              お世話になってる方からの、お土産~               聞くと「関西に行って来たので・・・」               こんな心遣いは、嬉しい♪               関西限定販売なのか、このような商品は               見たことが無い。               何とも、懐かしいパッケ-ジ               いまだに販売してる、お菓子               今では、お手軽に食べる事が出来るが               このパッケ-ジで販売していた頃               あたしが「ちびっこ」だった頃には               このお菓子は、滅多な事がないと食べれない               高級品~               せいぜい食べていたのは「駄菓子」               今になって思い返せば「異常な甘さ」              「異常な色合い」「異常な食感」                全てにおいて「駄菓子」の名前がピッタリの              物ばかり(大笑)              たぶん「甘さ」は人口甘味料てんこ盛り~              「色合い」は、得体の知れない着色料~              もしかしたら、今では食品には「使用禁止」かも              そんな、物しか食べていなかったのだから              「本物のお菓子」を食べた時の感動は、              それこそ、言葉にならない~              そんな、懐かしい郷愁を呼び起こすお味でした              今回は、お土産。有難う御座いました。                        


伝統

2014年11月1日
伝統1
              珍しく、テレビを見ると興味を引く番組が               まぁ、出演者は、在り来りの芸人だけど(苦笑)               「世界が驚いたニッポン!○△□×・・・・」               海外の専門化が日本に来て、視察する内容の               番組で、今回は「建築」がテ-マ。               番組内で何回か、連呼されていた事が気になった               「この技術は宮大工の・・・・」               おい、おい!それは言いすぎじゃないの?               家屋大工でも、できる事じゃないの?               そんな事を、さも大げさに連呼するし(苦笑)               事実を知らない、一般の人が見たら、               それが、さも正しい事と認識しちゃうでしょう。               まぁ、最近の大工職の技術低下、職業意識低下は               酷いのも事実だけどね。               今回の画像、こんな継ぎ手。社寺大工だけの               技術でなく、極々一般の家屋大工でも               行なう加工。               それを、さも「特別」そんな誤解を招くような               番組内容は、どうなのか?               20年位前だと、家屋大工でも、行なっていた               作業が、近年では、すっかり行なわなくなり               もはや、「レッドリスト入り」の現状。               「世間が求めない」だから、行なわない。               「行なわない」だから、出来なくなる。               まさに、壊滅のスパイラルに・・・・               日本人よりも、外国の人の方が、伝統技術を               高く評価し、「なぜ自国の技術を蔑ろにする?」               そんな疑問を感じるらしい。               まぁ、昨日の「ハロウィン」を何も考えずに               大の大人が街頭で仮装して、街を闊歩する               それを言うと「楽しければ、いいじゃん」               そんな意見も聞くが、楽しければ何をしても               良いのか?それは違いでしょう~                                                   



牛久市 リフォーム 鈴木工務店
〒 300-1221牛久町50-8
TEL 029-872-6880 FAX 029-872-6150 E-mail suzuki@e-ushiku.jp