ひとりごと



祈願

2013年12月31日
祈願1
              気がついたら31日で大晦日。               昨晩は、バイク仲間の忘年会。開始が17時で               終了時刻が2時~               約9時間の長丁場ね(笑)               一人が「仕事より長い時間だ~」               「仕事では休憩があるけど、飲み会は休憩無し                だから疲れる~」               確かにその通りね。                              だるい体に鞭打って、年内に行う事の               遣り残し作業に取り掛かる~               一つが「車のお守り」の交換               一説によると、日本で一番に売れてるカ-グッツ               それが「お守り」と言う説が有るらしい。               車にお守り。これって日本だけの習慣?               海外(欧米)では、こんな習慣有るのかなぁ?               八百万の神が宿る、我が国だけの習慣なのかなぁ               まぁ、お陰で無事に交通安全で一年過ごせました               来年も、平穏無事に過ごせますように・・・・                  


酒宴

2013年12月29日
酒宴1
              昨晩の「酒宴」は海鮮~               料金もリ-ズナブルで、海鮮が美味しいお店               店内は、お世辞にも「小洒落」とは言えないかも               それでも、店内は満員状態。               この画像の盛り合わせで約1,000円               まさに庶民価格ね               お店の人が言うには「年末なので、いいネタが               少なくて・・・・」               そう、年末になるとネタが品薄状態に・・・               それでも、これだけの品揃えがあれば大満足ね               美味しい料理のせいで、ついつい飲みすぎ~                                          


一夜明けると・・・

2013年12月27日
一夜明けると・・・1
              24日が過ぎて25日の某ホ-ムセンターの               入り口。               この品物の内容を見ると、全てが「正月用品」に               大変身~               昨日までの「聖誕祭」用品は何処にも無い                              たぶん、24日の閉店と同時に、店内の               用品を店員さん総動員で「正月用品」に               入れ替えたんだろうなぁ・・・・               まさに、日本人お得意の「変わり身の早さ」が               成せる技(苦笑)               良いも悪いも、日本人は変わり身の速さは               素早い。               幕末から明治への欧米化。               戦前の「鬼畜米英」が8月15日を過ぎると               マッカ-サ-に媚を売る。                              まぁ、この変わり身の速さのお陰で               今の日本があるのかもしれないけどね(苦笑)                


変わり身

2013年12月25日
変わり身1
                 今や宗教的な本来の意味を見失った                  日本の「クリスマス」                                    完全に「イベント化」して商店の                  販売戦略に利用された感は、否めない。                  そんな25日、お店のディスプレィ-を                  片付ける店員さん。                  たぶん、片付けが終わると今度は                  正月用の飾り付けに変えるんだろうなぁ~                  良いのか悪いのか我が国の全てを                  受け入れる精神構造・・・・                  イタリア(ここは非常にカトリックの                  影響が強い国)の雑誌の手記に、                  「人口の僅かしかキリスト教徒がいない                   のに多くの人がプレゼントを交換しあう                   のは、おかしい」と酷評                  確かにその通りかも、「楽しければOK」                  そんな軽い気持ちで宗教的な行事を                  行なうのは不謹慎かも。                                    あまりにも商業的に利用しすぎるのも                  問題だと思うんだけどなぁ。                      


文化

2013年12月24日
文化1
              お隣の街に、こんなマニアックなお店が・・・               「北関東一の店舗面積」らしい               本屋は本屋でも「古書店」(こしょてん)               同じ漢字の字面でも、「ふるほんてん」と呼ばず               「こしょてん」と呼ぶのが相応しい。               まず、書籍の品揃え               某全国展開してる「Book ○○」などは               足元に及ばない。               店内は、あの古書独特の香りが漂う               あえて臭い。と言わず「香り」と呼ぶのが               相応しい。               新書の休刊。出版社の業務縮小。               電子書籍の登場。               まさに紙媒体の書籍には厳しい時代。               でも、紙媒体の書籍ならでは味わい               手に取った時の紙の感覚までは、電子書籍では               味わえない。               更には、古書ならでは「香り」               利便性も大いに結構。でもぺ-ジを捲る感覚               それまでは再現できない。               そこにこそ紙媒体の書籍の魅力が有るんだよなぁ                               


保存か取り壊しか

2013年12月23日
保存か取り壊しか1
              世間は3連休~               そんな世間様に、あたしも少しばかり肖り               2連休。               そんな年の瀬の貴重な連休               期間限定(この言葉にあたしは弱い・笑)の               内部公開施設の見学~               以前から、噂は聞いていたけど訪れたのは               初めてね。               笠間市にある「旧筑波海軍航空隊の司令部」               航空隊の施設が当時のままに残るのは、全国的に               珍しい事らしい。               今回、内部公開の運びとなったのは、               只今上映中の「永遠の0」のロケに使われ               上映に合わせての内部公開となったらしい。                              しかし、この建物が解体の危機らしい。               以前は県立の医療センタ-で使用したいたが               新しい施設が出来て御役目御免。                              何とか解体せずに保存を!そんな気運を高める               為の一般公開なんだって。               たぶん、「永遠の0」の公開が無ければ               取り壊して、形としては残らずに、               「以前は、ここに史跡が有りました」               これで終わってしまっただろうなぁ・・・・                              賛否はあるだろうけど、あたしは「保存」に               賛同したい。                               


冬至

2013年12月22日
冬至1
              一年で一番日中が短い「冬至」               冬至と言う字を見ただけでも、寒気がする~               冬に到る。と書いて冬至ね               なんとも寒々しい~               そんな冬至の朝、我が家の金魚鉢に薄氷。               更に寒さに拍車が~~               実は、この冬至だけど、古代には一年の始まり               そのように定義していたらしい。               そう考えると、今日が新年なの?               さて、柚子湯に入り、かぼちゃでも               食べましょうか。               柚子湯は江戸時代からの風習らしいけど               かぼちゃ(なんきん)など「ん」が語尾に付く               食べ物を食す風習は明治以降の風習らしい。               今では、かぼちゃ(なんきん)のみが               風習で残ってるけど、れんこん・うどん等も               OKらしい。                                                             


役目終了

2013年12月21日
役目終了1
                           以前ならコンビ二の店先には、付き物だった              「公衆電話」              どうやら、以前は設置されていたんだろう、              そのような形跡・・・・・              しかもごく最近取り外されたような気がする。              一昔前は、不良外国人が「偽造テレカ」を製造の              目的で、公衆電話の盗難があったけど、まさか              それじゃ無いだろう(笑)              今では携帯電話に所持が一般的になり、公衆電話              もお役目終了なのかも。              携帯電話も本来の「通信機能」を大きく逸脱した              道具になり、社会問題になってる。              若年層の携帯電話が原因の事件。              これだけ、問題になっても所持する事に対して              規制なし。              自動二輪などと同じで免許制にするとか、              一定の年齢に達しない人は、通話のみ携帯電話              だけしか所持できない。              それ位に規制しないと、無理だと思う。              それでも、規制が行なわれないのはなぜ?              携帯電話販売業者・通信に関わる業者が              稼ぎを失うからでしょう。              本来なら便利な道具が、目的を逸脱した              危険な道具に成りつつある・・・・                


プロ?

2013年12月20日
プロ?1
              昨今、物騒な出来事多すぎ~               しかも犯行の手口が、欧米化してる。               餃子で有名な外食チェ-ン店の社長の事件               この事件に使われたのが拳銃。               本来ならば、日本では民間人は所持出来ない               それが犯行に使われるとは、日本の安全神話も               過去の物なのかなぁ。               気になるのが、使われた拳銃と使い方。               まず「22口径」という銃弾のサイズ               本来、このサイズは護身用で至近距離以外では               致命傷を与え難い。               (ライフルなど銃身が長くなると話は別ね)               このように考察すると、犯人は至近距離から               確実に狙いを定めて犯行に及んだ。               すなわち、プロの仕業?               ただ、解せないのが使用した拳銃が回転式でなく               薬きょうを現場に残した事。               プロは薬きょうなどは、残さない自動式拳銃を               使うことが多いと聞いたことがあるんだけど・・                     まぁ、兎にも角にも物騒な事件は御免被りたい。                


届いた~

2013年12月18日
届いた~1
                          購入して、数年(6,7年かな)               鉋。刃のみで保管していた               11月24日に開催されたイベント               「やさとクラフトフェア-」に出店したいた               木工細工の方が「実は鉋の仕込みも承り・・・」               話しを聞くと鉋に対する造詣の深さ。               「この人ならお任せ出来る」               連絡先を聞いて発送。               要望を伝えて、無事に届いた               早速、微調整を行い、試しに鉋をかけると・・・                 

続きを読む...

きわもの

2013年12月17日
きわもの1
              またまた、この手の商品に手が伸びた~               調味料メ-カ-大手の「カ○メ」の製品               トマトと言えば、このメ-カ-ね。               そんな、トマトを素材にした季節限定商品!!               それが、こちらの飲料水ね               あたらし物・きわもの好きのあたしは、ついつい               手が伸びて、購入~               トマトに炭酸&ジンジャエ-ル&レモン               聞いただけで、なんかなぁ・・・・               味わった感想は「二度目無いなぁ~」                 この品、季節限定らしい。               しかも以前にも限定で販売して、再販売の               要望に応えての販売なんだって。               まぁ、味覚は千差万別だからね。               あたしは、無理な味覚だなぁ                              でも、「レッド・アイ」は好きなんだよなぁ               それを言ったら、友達に「似たような飲み物」               そう言われたけど、違うんだよなぁ~                               


刹那

2013年12月16日
刹那1
              これを撮影したのが午前6時               この季節では日の出前               夏ならば、とっくに夜明けの時間。               冬至前なので、一年で一番日中の時間が               短い。                             毎日、夜は明けて日が昇る               でも、この光景は同じ夜明けでも               同じ光景は、二度と見ることは無い。               世の中の営みで、同じ場面は二度と無い。               そのように物事を捉えると、一瞬の些細な               出来事でも、軽んじる事は出来ない・・・・                                 


食べ方

2013年12月15日
食べ方1
             とあるイベントで食べた「からみ餅」              杵と臼でついた本格的なお餅で              非常に美味~                            チビッ子の時分には「からみ餅は嫌い!!」              だったけど、今ではこの味が好物に・・・              特につきたてに絡めて食べるのは最高ね。              もう、幾つ寝るとお正月♪              年々、正月らしさが希薄に成るけど、正月の              お餅は廃れないで残る文化だろうなぁ~                           


貯え

2013年12月14日
貯え1
              連日、寒さ厳しい日が続く~               そうなると、こいつの出番!!               備蓄しておいた「薪」の大活躍。               2年前に大量に備蓄していた薪が               使いごろに・・・・               昨今、薪スト-ブが流行で煙突を立ててる               お宅を見受けるけど、家の周りを見ると               薪置き場に、薪が見当たらない。               そんな事態が多々有る。導入初年度は               気合十分で薪集め力が入る!!               二年目。「以外と手間の掛かる暖房器具」                 三年目。「面倒だから、石油スト-ブ使用」               かくして、高価な薪スト-ブは、お部屋の               オブジェになりました。おしまい~               こんな悲しいパタ-ンが多いらしい。               薪スト-ブ、確かに見た目は「カッコいい~」                 販売店も、良い事ばかりを言ってお勧めする               まぁ、確かに嘘で無い事を言う。               ただ、現実は大変。薪の調達に始まり               薪割り、その後は乾燥。               乾燥も1年が最低で、出来れば2年位は               乾燥させたい。               更に、薪置き場の確保。これが以外と               見落としてしまう               それでも、今年もガンガン燃やして稼動中!!                            今年も知人から樫の立ち木伐採の話が舞い込み               近日中に現調に行く予定~                                   


高価・・・

2013年12月13日
高価・・・1
              以前から欲しいと思ったいた書籍が               某オ-クションで出品~               元々の値段が高価な為、書籍に有るまじき               値段設定(笑)               それでも、元の値段の半額以下。               しかも「即決価格」               たぶん、この機会を逃したら、当分いや               未来永劫(大げさか・笑)出てこないであろう。               悩む事無く、あたしには珍しく入札~               無事に手元に届いた次第です。               流石は、専門書だけあって詳細で実践的。                              昨今は書籍の電子化が進んでるけど、この手の               専門書は、紙媒体の書籍で無いとねぇ。               日本建築が衰退する昨今。今一度、勉強して               日本建築の復権させねば!               (今回は、大いに言い過ぎたかも・大笑)                            


走り続けて・・・

2013年12月12日
走り続けて・・・1
              先日、愛車(バイク)の走行距離が               ご覧の距離数に・・・                 70,000キロ               1万数千キロの中古車で購入したから               あたしが乗った距離は、5万数千キロかぁ               今までに乗ってきたバイクで一番距離数を               乗ったなぁ。               車にしか乗らない方々は、「たったこれだけ?」               そう思うけど、バイクで10万キロを乗るのは               なかなか大変なのよね。               バイク専門誌の企画で10万キロ乗ると               自薦だけで取材の対象になるほどなのね。               車と違い実用性は皆無の乗り物なので               距離数は伸びない~               バイクで「年間に一万キロ」は、なかなか               走れない。                              後、3万キロで、大台の10万キロかぁ。               果たして、後何年で達成できるか・・・・    


椿

2013年12月11日
椿1
              花が咲くのが少ないこの時期に咲く花                   ツバキ               これを見て思い出すが、この人物・・・・                 

続きを読む...

見極めの方法

2013年12月10日
見極めの方法1
               何の変哲も無い「落花生」                一般の消費者目線で見ると、どれも同じに                見える。                しかし、栽培してる生産者は、一目で見分ける                「本当に分かるの?」                「分かります、網目模様、網目の深さで                 見分けれます~」                そうなのかなぁ                「大工さん、だって材木を見れば樹種が                 分かるのと同じですよ~」                そう言われれば、そうなのか。                                要するに、毎日のように、その物に接して                いれば違いが分かるようになるのね。                   


日焼け

2013年12月9日
日焼け1
             ご近所の「紅葉の木」              その名の通り、葉っぱが「紅色」のはずが・・・・              紅色には程遠い色合いに。              本来ならば、燃えるような紅の色なのにね~              詳しい人に聞くと、猛暑の影響で色が発色出来ずに              「日焼け」のような状態になるらしい。              こんな所にも気象変動の影響?                            御偉い、科学者の先生方が英知をかき集めて              研究・分析されてるようだけどもね。              色々な意見が出てるようだけど、少数派の意見で              「地球は温暖化で無く、氷河期に徐々に移行               している」              そんな意見も有るらしい              まぁ、厳密に言うならば「氷河期は、今でも                氷河期の真っ只中。本当に寒い氷期が過ぎて              間氷期に今なってる状況」そんな時期らしいね。              その証拠に、本当に地球が「温暖期」ならば              南極やグリーンランドに氷河は存在しない。              実際には、氷河は有るんだから、温暖期とは              言えないんだって。                            ますます、分からなくなってきたぞ~              実際は、どうなの?   


汎用品

2013年12月8日
汎用品1
             毎日、酷使してる電動モ-タ-。              朝に夕に活躍中~              稼動開始から約25年              「最近、音が微妙に変だなぁ」              そんな、嫌な兆候だったけど、ついに・・・・・               

続きを読む...

倫理

2013年12月6日
倫理1
              こちらの企業の為に・・・・               

続きを読む...

和洋折衷

2013年12月5日
和洋折衷1
              年配の方々は「懐かしい~」               若い世代には「真新しい~」               年代で個々の受け止め方をするだろうなぁ               あたしは、無論後者に該当ね。               宮崎駿作品「風立ちぬ」の劇中に取り上げられて               再び注目のお菓子                    シベリア               誰が開発したのか?何時頃からの販売なのか?               発祥の地は何処なのか?               はっきりとした事は不明らしい               形状も、まちまちで中には四角であったり               カステラが3層、4層の物もあるらしい。               更には、挟んである「羊羹」の物もあるらしい               しかも、カラフルな色彩の物も存在する~               今回の物は、小豆餡のバ-ジョンね。                              この菓子だけど、食品分類上は製造元や成分で               「生洋菓子」「生和菓子」または               「洋菓子」「和菓子」になるんだって。               日本お得意の「和洋折衷」の典型的な               パタ-ンの典型かもね。               シベリアの名前の由来も、謎なんだって。                                    


境界線

2013年12月4日
境界線1
              なんとも厳かな雰囲気の屋根               お寺などの入り口に用いる事が多い屋根形状               名称は唐破風(軒唐破風)               唐(中国)から伝来した物と思いきや               実は実は、日本独自の屋根形状なのね。               超高級な住宅などに用いる事も稀には、有るけど               一般には「お寺」それと「銭湯」などに               用いる事が多いかなぁ。               更には、今は無くなってしまったけど               「遊郭」の入り口もこの屋根形状が多く               用いられたらしい。               なぜ、この三つの建物に用いたのか?               一説には、共通点があるからと、唱える人も・・               その共通点とは?               「この世とあの世の境界が有る建物」               お寺は、ご存知のように、人が鬼籍に入ると               お世話になる建物ね。               銭湯はなぜか?入浴する事により、一日の               疲れを癒す。それが証拠に湯船に入ると               「極楽・極楽」と唸る人が居るでしょう。               最後にして、今は無き「遊郭」               これも、日常の世界とは別世界らしく               極楽を模した施設だったらしい。               どんな世界だったかは、古典落語などで               聞いて、何となく想像は出来るけど、               21世紀の今となっては、遠い遠い過去の               事ね。               たまには、建築のウンチク話もしないとね(笑)               あくまでも、この話しは諸説有る説の一つね               これが正解では、無いのでご了承の程を・・・                        


無理やり・・・

2013年12月3日
無理やり・・・1
              今年も「新語流行語大賞」が話題に・・・               話題になったのか、無理やり話題にしたのか               まぁ、話題にした。と言うほうが正解かもね。               話題作りなんて、広告代理店&企業&メディアが               がっちりスクラム組めば容易く話題になるからね               そんな、新語流行語大賞のTop10入りが                   「アベノミクス」               造語者は自民党元幹事長中川秀直氏らしい                  ところで、こちらの造語者は、いったい誰?               あやかりたい気持ちは、分からんでも無いが・・               無理やりの感がするんだけどもね~


正しい姿

2013年12月2日
正しい姿1
              今や、全世界に通用する日本語                  カラオケ               そんな、カラオケの正しい姿を久々に見た               今や通信カラオケで、歌詞は画像を見て               熱唱するのが当たり前の時代               本来のカラオケは、歌う歌を十分に覚え               歌うものだった。               それが今では、歌詞が画面に流れるので               文字を追いながら歌うことが出来る。               そもそもカラオケとは、カセットオ-ケストラの               略語。               カセットなど使って無くても「カラオケ」なのは               おかしいのでは(少笑)               発明した人物は、特許も取得しなかったらしい               もし、特許など取得していたら、こんなに               普及しなかったかもね。


ハ-ドな過ごし方

2013年12月1日
ハ-ドな過ごし方1
              昨晩(土曜日)の出来事。               友人のT野と居酒屋で会食               これが20時から22時までの出来事               

続きを読む...


牛久市 リフォーム 鈴木工務店
〒 300-1221牛久町50-8
TEL 029-872-6880 FAX 029-872-6150 E-mail suzuki@e-ushiku.jp