ひとりごと



上巳

2017年3月3日
上巳1




                吊るし雛にまで「稀勢の里」(苦笑)


                女性のお祝いなのに、力士が登場とは・・・・


                まぁ、端午の節句に、女性を登場させるのは、


                古来の風習に立ち返れば、間違いでは無いが・・・


                まぁ、今の牛久は「稀勢の里」に肖ってしまえ!


                そんな雰囲気なのね。


                この時期になると「うれしいひな祭り」の童謡を耳にする


                「♪お内裏様とお雛様♪」の歌詞の意味を最近知って


                己の無学を痛感した(笑)


                お内裏の意味が「宮中」を意味して、お内裏様の真の意味は、


                上段の男雛(陛下)女雛(皇后)の二体で「お内裏様」と言う。


                「ひな祭り」の歌詞が、「お内裏様とお雛様・・・」とあり


                歌詞だけ聞くと「お内裏様=男雛」「お雛様=女雛」と認識


                さらに言うならば、「お雛様」呼ばれるものは、雛人形全てを


                さす言葉だって。


                あたしなどは、「雛人形」は「三人官女」の事かと思った(笑)


                それじゃ「五人ばやし」の五人は、何と理解していたのか?


                単なる「召使」としか認識していなかった(大笑)


                後年、真の意味を知ると「子供能楽」現代風に言うならば


                「少年楽団五人集」とでも言えるかも。


                今の世の中だと法律的に「子供を働かせてはいけない」と


                横槍が入りそうだが、昔昔の大昔は、そんな人権などは存在


                していないから、子供でも才能が有れば、ドンドン世に出て


                活躍したんだろうなぁ。


                雛人形を眺めつつ、そんな事まで思いを馳せてしまいました(笑)




             
        




牛久市 リフォーム 鈴木工務店
〒 300-1221牛久町50-8
TEL 029-872-6880 FAX 029-872-6150 E-mail suzuki@e-ushiku.jp