ひとりごと



豆撒き

2017年2月3日
豆撒き1


              毎年恒例になった、上町の「豆撒き」


              今年も、ご苦労様でした~

           
              例年、豆のおすそ分け、有難う御座います


              豆撒きと言えば、付きものが「鬼」の存在


              この鬼だけど、元来は「陰(おぬ)」が語源で「姿無き者」


              一般的には「悪者」「恐ろしき者」が定番だが、地方によっては


              鬼が村を守り、神として崇められたりと、「悪」でもあり「善」でも


              ある。


              ここが、日本の信仰の懐の深いところなのかなぁ


              諸外国では「悪」は悪でしかなく、善にはならない。


              まぁ、よく言うけど、日本人独特の「曖昧さ」が作用してるのかも


              しかし、あの屈強な鬼が、単なる「豆」を投げつけられて


              退散すると言うのも、なぜなのか(笑)


              あんな金棒を持った大男なのに・・・


              なりは、大男でも意外と気が小さい?


              最近、話題の郷里身出の力士も、密かな噂では


              気が小さかったとか・・・・


              真意の程は、どうなのか?



           




牛久市 リフォーム 鈴木工務店
〒 300-1221牛久町50-8
TEL 029-872-6880 FAX 029-872-6150 E-mail suzuki@e-ushiku.jp