ひとりごと



記者会見

2015年8月19日
記者会見1
              痛ましい事件が・・・               大阪で中学1年生が遺棄された事件               ワイドショ-などは、事細かに報道               相変わらず、土足で他人の家に上がりこむような               行為にうんざり。               常々、疑問に感じていた事がある               小中高校生が、事件事故にあうと、校長先生が               記者会見を行なう。               校舎内での事件事故なら、まぁ理解できるが               今回の場合は、校外での事件事故               しかも、夏休みで通学していない時期でしょう               子供を監視するのは、親でしょう。               全寮制で学業を学んでるならば、責任者である               校長が会見を行なうのは、理解できるが               なぜ、保護者でなく学校に振るのか?               理解に苦しむ。               あくまでも、学校は「勉学を学ぶ」のが               目的で、あまりにも本来は、家庭で身につける               事柄(躾け)までも、押し付ける風潮が               ある。               だから、先生も本来の「学業指導」の時間の               他に時間を割かれる現実。               大きな視点で見れば、この国全体の学力低下に               なるのでは?               地下資源の乏しい、我が国               唯一の資源。それが人的な資源               有能な人材を育成し、諸外国に打ち勝つ。               資源無き国は、いずれ衰退する。               これは、明白な事実・・・・   



牛久市 リフォーム 鈴木工務店
〒 300-1221牛久町50-8
TEL 029-872-6880 FAX 029-872-6150 E-mail suzuki@e-ushiku.jp