ひとりごと



言語脳

2015年8月10日
言語脳1
              閑さや岩にしみ入る蝉の声               17文字に情景を凝縮した文学の俳句               蝉の声。これを聞くと夏を連想し、情景を               想像してしまう。               そんな蝉の鳴き声               日本人は、蝉の声を叙情的な響きに捉える感性               方や諸外国の人々は「単なる騒音」と捉える               日本人は蝉の鳴き声を言語中枢が存在する               脳で処理を行なうらしい(大半は左脳)               騒音に感じる外国の方は、言語という概念では               無いので、右脳で処理をするらしい。               ましてや「蝉しぐれ」と呼ばれる一斉に鳴いた               さまなどは、○走族の騒音と同等のレベル(笑)               イギリスには蝉が居るが、あのような鳴き方は               していないので、知らないイギリス人は、               「なぜ、木からあのような音が聞こえるのか」               そのように思うらしい。               まさに感性の違いか・・・                                     



牛久市 リフォーム 鈴木工務店
〒 300-1221牛久町50-8
TEL 029-872-6880 FAX 029-872-6150 E-mail suzuki@e-ushiku.jp