34年



34年

2020年7月30日
34年1

 

 

         イベントなども徐々にだが開催され、相撲も観客を入れての開催

         声援は無いが、やはり無観客での取り組みより、臨場感はある。

         そんな相撲、凄い力士が居た。

         年代的には、同世代だが、未だ現役力士。

         番付では、序二段で階級で言うならば、下から2番目。上からは4番目。

         お世辞にも上位とは言えないが、34年現役は、特筆すべき事。

         昭和・平成・令和と三つの時代で相撲をとった唯一無二の存在

         ただ、長く現役なだけでは無くて、意外な記録も持っている

         通算成績は、658勝743敗13休(2020年春場所終了時)。

         通算204場所は史上最多の記録。

         更に、現役力士の通算勝利数は5番目の記録、何でこれが凄いことかと言うと

         幕下以下は,一場所で7番しかない。年に6場所で年間42番の取り組み

         勝率を50%と考えても、年間の勝ち星は20勝前後。それで通算勝ち星が

         658勝は、どれだけ凄い事か・・・・

         しかも対戦する相手は、「親子」ほどの年齢差。これが如何に凄い事か

         一例で、あたしの友人が休日にサッカーをしているが、中学生相手で、何とか

         五分五分の試合。高校生と対戦すると,完全に負けるらしい。

         そんな実例を踏まえると、この華吹関が凄いかが理解できる。

         さらに驚いたのが、師匠の 立浪親方(元小結・旭豊)が弟弟子。

         まず、今後ありえない事だろう。師匠が弟弟子なんて関係は

         もうここまできたら「歴代最高齢」での記録を達成してもらいたい。

         記録では52歳が最高例記録だから、大きな怪我などしなければ、可能だろう

         今場所は、現時点で2勝4敗で負け越し決定(残念)

         ぜひ記録達成の折には、何らかの形で表彰してほしいものだ。

            









牛久市 リフォーム 鈴木工務店
〒 300-1221牛久町50-8
TEL 029-872-6880 FAX 029-872-6150 E-mail suzuki@e-ushiku.jp