創意工夫



創意工夫

2020年4月9日
創意工夫1

 

         連日、悲観を煽るような報道が続き、暗い気持ちになりがち

         増産の号令が出て、月日は流れ、現状は未だ好転せず。

         生産現場は、昼夜を問わず粉骨砕身で生産している事だろう

         なのに末端まで行き渡らない現状。

         何が悪くて、こんな現実なのか

         更に、仄聞するのが「都市封鎖(ロックダウン)」

         諸外国の主要都市の映像を見ると、恐怖感すら感じるような映像が

         流れ、一部では暴徒化した市民の略奪が、映し出され、恐怖感を

         増幅させる。

         考え方だが、恐怖感を与えて、「ほら、不要な外出は感染するから出るな」

         そんな、抑止力的な効果も期待できるが、過度の映像報道は、

         逆効果の側面もあることが、否めない。

         ここで「都市封鎖」だが、この文言が非常に耳障りが悪い語呂で

         一部では。戦前の2.・26事件に準える。要するに「負」の感覚が

         増大するのだろう。

         さて、さて、我が国の宰相が、諸外国並みの「都市封鎖」の発令権限を

         与えられているのか?

         幸か不幸か、我が国の宰相には、諸外国のような発令権は無い。

         出来る事は「要請」であって「強制」は無い。

         問題を掘り起こせば、戦後の「日本国憲法」

         これが、未だ多岐にわたり、我が国の足かせとなり、身動きが不自由。

         「諸外国では、ここまでやるのに!」と語気を荒げるが、我が国の国民は

         根本的な、憲法(法律)に頓着無く、現実を直視することなく、営んだ結果が

         この騒ぎ。誰だって、「嫌な事」は、見たくも無い聞きたくも無い。

         でも、手を付けなければ成らない。

         そんな、大都市から遠く離れた、地域・・・

         公的な順位では、魅力度最下位の我が茨城県より、魅力度では、下なのでは

         無かろうかと推測する(個人的ね見解・笑)  

         山陰地方の鳥取県。未だ感染者が、公的発表では「0人」

         この状況だから、気を引き締め対策を行っている方法が、こちら!

         一見、チィ‐プで「ピタゴラスイッチ」の工作かと、見間違える作りで、効果の程は

         如何ばかりか・・・・

         でも、この危機に対する意識、創意工夫は、素晴らしい。

         何も、誰かに頼るのでは無く、現状で出来うる事で対応する。

         この感覚は、見習う事が出来る。









牛久市 リフォーム 鈴木工務店
〒 300-1221牛久町50-8
TEL 029-872-6880 FAX 029-872-6150 E-mail suzuki@e-ushiku.jp