お墨付き



お墨付き

2019年7月11日
お墨付き1

       

 

         ご覧になってる「鋏」

         玄人が仕事に使っていた鋏。

         この姿になる前は「もう切れなくなって何年も使用していない」

         そんな状態だった(研磨前の画像は、失念)

         全体的薄っすらと錆が出て、小刃も磨耗した状態

         たまたま、お伺いした時に「練習してみろ」と言うことで預かり磨ぐ事に・・

         包丁・鎌などは、そこそこに磨ぐ事が出来て、些かながら自信ありだけど

         鋏は、まだ・・・・・

         植木鋏、剪定鋏は、本職の造園屋さんに「合格」を戴いたので

         同じ鋏だから、基本的な事は同じだろう。分からない事は「ヤフ-君」や

         「グ-グル君」が教えてくれるから、何とか出来るだろう(笑)

         そんなこんなで、研ぎ上げてお持ちした映像がこちら

         テストはしたが、本職(布団屋さん)の使い方が、どのようなものか

         いまいち分からないので、目の前で使ってもらう事に

         「驚くほど切れる、家にある鋏の中で一番の切れ!」

         この台詞で、大いに自信が持てた。

         正直言って「磨ぎ」は10人居れば10通りの意見があり、各々の意見が違う

         だから、難しいのかもしれない。

         「どうすれば砥ぎが出来る様になりますか?」と聞かれる事があるが

         秘訣は「狂ったように砥ぐこと」それと「砥ぐ行為を好きになること」

         何事、上達の秘策は「その物事にのめり込む事」それしかない

         後は反復練習。1より2。2より4。4より8・・・・

         数をこなさない事には、上達なし!誰も最初は上手く出来ない

         好きで取り組めば、研究(勉強)もするし、作業しても苦痛(疲労)も感じにくい

         何事でも上達の秘策は「好きで取りくむ」それが、大切。

         と言うことで、刃物砥ぎの依頼も承りも行いますので、ご相談下さい

         お値段は、刃物の状態で違うので、現物を見てからの値段になります

         ぜひご用命の程を・・・・・

 









牛久市 リフォーム 鈴木工務店
〒 300-1221牛久町50-8
TEL 029-872-6880 FAX 029-872-6150 E-mail suzuki@e-ushiku.jp