操作方法



操作方法

2019年6月18日
操作方法1

 

 

         池袋事件以来、何かと高齢者の運転が話題なる。

         まず、「何故、現行犯逮捕を行わなかったのか?」

         ネット等では「上級国民」と揶揄され、逮捕を間逃れたのでは?そんな実しやか

         話題も出てる。

         そもそも「逮捕」に関する定義、これを理解すると「逮捕=懲罰」では無いことを

         念頭に置くことが重要で、「逮捕しない=懲罰を免れる」では無いこと。

         では逮捕とは何ぞや?被疑者に証拠隠滅や逃亡をさせないための措置

         そう考えると「高齢者で、怪我をしてる」逃亡の恐れ無し。しかも入院して

         証拠隠滅の可能瀬は無い。そのように考慮すれば、逮捕は行わない。

         さらに、怪我人で高齢。もし逮捕して留置所で、体調を崩して何か有ったら

         今度は、警察が槍玉に・・・

         それなら、逮捕を行わない方が良いのでは?そのような思惑があったのでは

         ただ、その後の世間の意見が「他の事故では逮捕なのに、何故!」

         まさか、警視庁も「こんなに騒ぎになるとは、ならば逮捕しておけば・・・・」そのように

         思ってるかもしれない(高い確率で、的を得た意見)

         では、なぜ通常だと逮捕して身柄を拘留するか、先にも述べたが「証拠隠滅」

         「逃亡」の恐れがあるから、それと「容疑者の自殺」もある。罪悪感から自ら命を

         絶つ恐れがあるので、拘置したほうが安全。

         警視庁も、良かれと思った措置が完全に裏目に出た結果かも知れない。

         要するの、物事は「うわべ」だけを見るのでは無くて深読みして、裏を見ないと

         真相は分からないと言う事。

         そこで、今回の事故原因が、「高齢者の運転」が大きく取り上げれて、有名人でも

         「私も高齢者なので、免許返納します」そんな行為を目にする。

         そもそも、高齢者が、ATの運転に適応し難いのではなかろうか?

         以前は、「マニァル車」が大半であった時代に、操作ミスの暴走があっただろうか?

         クラッチ操作と言う行為が、暴走をさせていなかった。言い過ぎの感は有るが

         強ち嘘では無い。

         確かに快適に操作する。この事は非常に有意義で意味のあることだが、

         まさか、こんな事になるとは、開発側、使う側も想像していなかっただろうに・・・

         さて、技術的な側面から考察すると、電動化に舵を切った自動車業界。

         今更「クラッチ」という伝動装置を仕組みとして取り込めるのか?

         車の電動化が「AT」を前提とした仕組みなので、技術的は出来ない事は

         無いだろうが、時間と費用と能力は莫大に掛かる事は、容易に想像できる。

         我が家の近所に在住の人物。終世、車はマニアル車しか乗らなかった人物がいた。 

         その人物曰く「ATは誤操作の可能性があるから、マニアルなら誤操作しない」と

         自ら言ってマニアル車を選択。マニアル操作できなくなったら車の運転を辞める。

         そのように言って、車に乗っていた。ただ車選びには難儀していた。

         自分が欲しい車種に、マニアル車が無い。あっても納車に時間が掛かる。

         その人物曰く「困ったのは、修理の代車。マニアル車を代車で希望したら

         AT車のみで、マニアル車ありません。そう言われた時は困った」そう苦笑していた。

         「高齢者がマニアル車乗っても事故激減には、効果なし」そんな意見も耳にするが

         このような事例もあるので、一概に排除できる意見でも無い気がする。

         世間は「平均寿命世界一」と誇らしげに声を上げるが、長生きする事で、

         色々な弊害が出ることにも、もう少し目を向けて考えないと・・・・

         まだまだ問題山積~









牛久市 リフォーム 鈴木工務店
〒 300-1221牛久町50-8
TEL 029-872-6880 FAX 029-872-6150 E-mail suzuki@e-ushiku.jp