2019年1月16日
美1



         今更ながら、新年明けましておめでとう御座います。


         厳密言うならば、小正月(1月15日)までは正月と言う定義だから


         このフレ-ズは「使用可」だったが、本日からは「寒中見舞」と言うのが


         正しい言い回しとなるらしい。


         そんな新年にかけて、樹齢400年の盆栽が盗難被害にあった。


         その価格が数百万円(この言い方が非常に濁した言い回し・苦笑)


         所有者からすれば、「金額に表せない」と言うだろうが、世間的相場と言う意味で


         「あえて値段をつけるなら・・・」そんな事での、数百万円と言う値段を出したのだろう


         海外でも「盆栽」が流行りつつある(ヨ-ロッパ圏)やはり文化を大事にする地域は


         他国の文化にも理解を示す。


         確かに自然の物に人為的に手を加え、単なる樹木を「美」にまで昇華させる事は


         「美」になるだろう。


         しかし、ここまでの姿にするまでに時間で「400年」気が遠くなる時間である。


         その間には、どれだけの人の手が加わった事か、想像を絶する。


         そもそも「盆栽」とは何か?本来は自然の大木を縮尺し鉢植えして観賞する


         この粋な趣味。非常に時間を有する。まず、自然が相手なので、人の都合等は


         関係ない。日差しが強ければ対策をするしかない。普通の生活(仕事等)を


         営んでいる環境では、誠に行いにくい趣味である。


         余ほど、時間と財力に余裕が無いと出来ない趣味とも言えよう。


         逆説的に言うならば、世間に評価される盆栽を所有するという事は


         「私は、時間も財力もあります」と誇示してるように感じてしまう。


         要するに、他を投げ打っても取り組まないと、出来ない事。


         自分で出来なれば、頼み世話をしてもらい事は可能(金銭的な解決方法)


         金銭的に無理ならば、自らが行うしかない。そうなると今度は「時間的」な問題


         まともな生活を営んでいるなら、可能か不可能か。この事柄を指標で表すならば


         「不可能」のゾ-ンに指標を示すであろう。


         もう、こうなるとまともな社会生活を営むのは、破綻の道にまっしぐら~


         要するに、他人から「素晴らしい」と評価が上がるの比例して、実情の生活は


         犠牲にしていることが多いと推測する。


         それは、金銭的損失。時間的損失。


         維持管理するには、何を差し置いてでも優先しないと朽ちてしまう。


         「他を蔑ろにしでも、取り組まないと、美は完成しない」そのように言った人もいるが


         どうなんだろうか・・・・


         個人的な意見だが、本来は「自然界存在する樹木」を手元に届く位置での観賞


         この概念に無理があるのでは無かろうか。


         自然界の樹木が、人為的な行為(水かけ、枝の剪定等等)を行うのか?


         答えは「否」である。人的行為が行なわれないからこそ、人が「美」を見出す。


         それを、無理やり行なう行為が果たして「美」と呼べるのだろか?


         また、この「美」という概念も千差万別で「何をもって、美」と定義のか?


         更に言うなら、樹木に人と同じ「感情」なるものが存在するのであれば、


         自然界で根を張って、数百年も同じ所に存在して、過酷な環境に耐え、枝は曲がり


         歪な形に育ち、樹木は何と感じてることか?


         植物は光合成が成長に欠かせない仕組みなので、その光合成に欠かせない


         「光」である天に輝く太陽を目指のが摂理で、少しでも上に上にと育つはず。


         だからこそ「真っ直ぐに育つ」このことが樹木の正しい形体であるはず。


         それなのに、歪に成長した樹木。感情があるなら「まっぐに育ちたい」と思うはず。


         そんな、樹木からすれば「不幸な出来事」の環境で育ち、不本意な形状が


         「美しい」と言う人間の感性に同調して「珍なる樹木」が美に昇華してしまう。


         自然界は、人の力など作用する領域では無い領域。


         だからこそ、もっと畏敬の念で踏み込まなければならないのでは、無かろうか。  
        








牛久市 リフォーム 鈴木工務店
〒 300-1221牛久町50-8
TEL 029-872-6880 FAX 029-872-6150 E-mail suzuki@e-ushiku.jp