一番



一番

2018年12月12日
一番1




          今更かと思われるけど、日曜日は県政の選挙。


          当地は区割り変更で、2人の定員になり、無事に終わり


          現職の方、新人の方が当確。公約の通りに粉骨砕身に働いて頂きたい。


                    選挙前は「お願いします。お願いします」と我々有権者に連呼するが


          当選すると、こちらが『お願い』しても、聞いているのか、いないのか・・・・


          そんな選挙権、国民の三大権利。当然ながら三大義務も果たしてるのだから


          行使するのは当然だが、昨今は投票率が低い。これは由々しき問題


          「選挙に行かない事で、意志表示」と言う意見も耳にするが、それでは駄目


          行って、投票する事が大事。投票する人物がいないならば白票を投じる


          自分に自信があるのならば、自分の名前を記入するのも手だろう。


          多数の投票用紙の殆んどが「白票」もしくは関係の無い「個人名」になれば


          もしかしたら、選挙のあり方も変わるかもしれない。


          くれぐれも「棄権」は絶対に止めるべきだ。


          そんな投票。効率化のため「電子投票」も話題になるが、実現はいつの事か


          未だに古典的な手法の「紙と鉛筆」を用いて記入し、箱に入れ、終了後に


          人的手法で、数える。


          そんな投票方法だが、一番目に投票する人物は、確認の為に投票箱を


          確認する。


          そんな話しを聞いていたので、今回は一番の投票者の役目である、箱の中身を


          確認すべく、早くに投票所に行ったら、なんと一番!!


          定刻になり、関係者に促され箱の中身確認。こんなにまじまじと投票箱を見たのは


          生まれて初めてだろう。


          何も入っていないことを確認し、蓋を閉じ二箇所に南京錠で施錠


          その後、確認した事をサインする作業を行った。流石に捺印は無し


          噂に聞いていたが、自分で確認し一連の流れがよく分かった。


          この光景は、選挙のたびに毎回行われてるのだろ、もし電子投票に


          なったら、こんな光景もなくなるのだろう・・・・・


           


           








牛久市 リフォーム 鈴木工務店
〒 300-1221牛久町50-8
TEL 029-872-6880 FAX 029-872-6150 E-mail suzuki@e-ushiku.jp