限定



限定

2017年10月20日
限定1




                 友人のS夫妻が、やって来て「鈴木さん、是非見て」

 
                 ニヤニヤしながら、見せてくれたのが、こちら!


                 昨今、流行の「御朱印帳」


                 ただの御朱印帳ならば、さして珍しくも無いが


                 よく見ると(よく見なくても分かるが・笑)


                 「ジャングル大帝・レオ」をあしらった御朱印帳。


                                前から聞いていたが、正直に言って


                 「どうせ、ショボイ出来栄えだろうなぁ」と想像していた
                 (S夫妻、ごめんなさい・笑)


                 これを見た時、本当に欲しい!!と思った


                 ただし、ハードルは高い。


                 これが販売?されるのが年に2回(当方の情報)


                 正月と9月の大例祭。しかも深夜から順番待ち


                 販売数も数に限りがある


                 そんな難関を突破して、初めて手にする事が可能な


                 ありがたい御朱印帳


                 なんでも、手塚治虫の先祖が石岡と、所縁が有り


                 そんな縁で、このような御朱印帳が存在する。


                 そこで、便利な世の中の代名詞?である、ネットオ-クション


                 あった!下は10,500円から13,800円で出品されてる


                 本来は、書き込んでもらう為の御朱印帳で、中身が重要


                 それなのに、本来の目的から離れた方向に成りつつある。


                 思うに、手塚治虫氏は、この話が有ったときは


                 「地域のためになるならば」そんな純真な気持ちで快諾したと


                 推測するし、そうであって欲しい(個人的な願望)


                 ただ、そんな純真な気持ちとは裏腹に、「金儲け」の道具に


                 利用されてしまう。


                 これに似たのが、水木しげるの故郷。


                 水木しげるの「ゲゲの鬼太郎」に関するキャラクタ-関連の


                 使用は、地元で使用するならば・・・


                 そんな思いで、使用料も殆んど受け取らないらしい。


                 そんな事もあり、地元は連日観光客が押し寄せ大賑わい。


                 「以前は、寂しい街が、お陰でこの賑わい」


                 上手く、地域活性化になった、好例といえるだろう。


                 ひるがえり、我が郷土の茨城県は、今回もランキングは


                 堂々の47位~


                 何度も言うが、良い物が相当数あるのに、生かしきっていない


                 県のボスも、変わった事だし、今後の茨城県に期待したい。     



                
  








牛久市 リフォーム 鈴木工務店
〒 300-1221牛久町50-8
TEL 029-872-6880 FAX 029-872-6150 E-mail suzuki@e-ushiku.jp