怪我



怪我

2017年3月26日
怪我1



               今日で千秋楽で、一番盛り上がるパタ-ンで、大阪場所が


               終わった。


               殆んどの人が、稀勢の里の優勝を願っただろ。


               確かに、あのような怪我でも、取り組みを続け、優勝


               凄い事で、大いに盛り上がった。


               ただ、稀勢の里、怪我を押しての取り組みだったが


               照の富士だって、膝を怪我しての出場で、満身創痍の

          
               状態で、あれだけの成績は立派。


               こちらだって賞賛に値する成績だろう。


               14日の琴奨菊との取り組みでは、変化


               敢無く琴奨菊の負け。この時点で大関復帰は、見送り


               館内は、非難ごうごう。


               今場所の琴奨菊のツボにはまった取り組みの、怒涛の押しを


               まともに受けたら、膝の不調を抱えての照ノ富士だって


               ひとたまりも無い。


               そもそも「変化」を卑怯な技のように言うが、


               あれだって、技量を要する技。


               勝負が終わった後は、照ノ富士にブ-ィング


               それは、無いだろう。


               稀勢の里の優勝に水を指すような、言い回しと捉えられかも


               しれないが、照ノ富士との取り組みで、稀勢の里も変化した


               照ノ富士には、ブ-ィングで、稀勢の里には賞賛


               どうも、こんな風潮に違和感を感じる。


               日本人が不甲斐なく、相撲人気が停滞してる時に、


               外国人力士が、頑張っていたのに、日本人横綱が


               誕生した途端に、掌を返して「悪役」に仕立てる。


               そんな立場に追いやらても、一言も反論しない、外国人力士


               むしろ、こちらの立ち振る舞いの方が、本来の日本人の

 
               姿に思えてしまう。


              

  


                

               
              








牛久市 リフォーム 鈴木工務店
〒 300-1221牛久町50-8
TEL 029-872-6880 FAX 029-872-6150 E-mail suzuki@e-ushiku.jp