いよいよ



いよいよ

2011年11月26日
いよいよ1
    いよいよ、稀勢の里が大関に・・・?     そんな話題が出ているようだ。     どうも、素直に喜べない、取り組みに「ムラ」があるように     感じるの、あたしだけかなぁ?     同じ相手に、同じように負けることも・・・     あたしが思うに、部屋の方針に原因があるように思える。     鳴門部屋は、出稽古が禁止らしい     これじゃ、いかん。同じ力士同士での稽古では、     マンネリ化は避けられない。     まぁ、先日無くなった親方には、親方なりの言い分もあるんだけど     その訳は、「出稽古に行くと、他の部屋の力士に情が移り     それが、八百長につながる」     そんな理由らしい。     まぁ、ごもっともな意見。     ただ、前にも書いたけど、もし全部の取り組みをガチンコで     行ったら、怪我人続出。最悪の場合は死者も・・・・     相撲は、スポ-ツでは無くて、「神事」「興業」最後に「競技」     それが、今ではあまりにも「競技」の要素が強くなりすぎてた     気がする。     それと「興業」これを取り仕切るのは昔から、その筋の方々     今、その筋の方々を規制する動きがあるけど、あまりにも     その筋の方がを、規制するのはどうなのか?     世の中には、悪い事と知りながらも、了承する。そんな事って     結構ある     まぁ、いわゆる「必要悪」てことかなぁ。     だいぶ話が逸れてけど、稀勢の里は大関昇進できるか?     あたしの予想では、明日の取り組みが白星なら昇進の可能性あり     明日の取り組みに乞うご期待!!







牛久市 リフォーム 鈴木工務店
〒 300-1221牛久町50-8
TEL 029-872-6880 FAX 029-872-6150 E-mail suzuki@e-ushiku.jp