読書感想文



読書感想文

2010年9月10日
読書感想文1    だいぶ以前に感想を報告する。と言っていた本の感想を    ご報告します。    タイトルが「読書感想文」なんて書いたけど、まるで    学校の夏休みの宿題のようになっちゃいました。    簡単な感想を言うと、建築のプロには物足りない内容    あまり批判はしたくないけど、物足りなく、肝心の所が    抜け落ちてしまっている    更に、端的なことを言うと、建築会社の宣伝の書籍    筆者が家を建てるときに、お世話になった建築会社の    宣伝にしか感じられらい。    良い建材を、ふんだんに使い断熱効果を上げる。    簡単に言えば、そうなる    良い建材を使用する。それってコストが上がるって事だよ    その肝心の建築工事の金額については、一切触れていない。    更に、読み解くと、筆者は、資産家と見受けられ、金銭的に    余裕がありそう。    一般的には予算が先で、そこからその予算内で工法、建材の    選定を行う。    この本の筆者は、まったく予算の事には触れず「住み良い家」    の一点だけを追求している       果たして、これが一般の人に当てはまるか?    答えは、「No」でしかないよね。    予算が有るならば、可能だけどね     もし、この筆者が建てた家が、現在の一般住宅並みの価格だとしたら    まぁ、推測だけど、よっぽど職人の手間を叩いて、安い賃金で    仕事をさせているのかも知れない。    建材の価格などは、あまり大差が無いからね。    最後に、世の中の道理だけど、「良い物は、それなりの価格がする」        人様よりも安く、良い物が欲しい。そんな欲張りな気持ちが    騙される元なのかもね。






牛久市 リフォーム 鈴木工務店
〒 300-1221牛久町50-8
TEL 029-872-6880 FAX 029-872-6150 E-mail suzuki@e-ushiku.jp